創業者復帰「タケオキクチ」25年ぶりに路面店出店 アトリエとサンドイッチ店併設

写真拡大

 「TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)」の大型路面店「TAKEO KIKUCHI渋谷明治通り本店」が、11月22日のオープンに先駆けて今日報道陣に公開された。これまで百貨店やファッションビルなどで展開されてきたが、今年創業者が復帰した事で25年ぶりに路面店を出店。店舗の構想からスタッフの制服まで菊池武夫氏が関わったという館は、「もてなし」をキーワードに買い物しやすい仕掛けを施しているという。

タケオキクチが25年ぶりに路面店の画像を拡大

 原宿と渋谷の中間地点に位置する「TAKEO KIKUCHI渋谷明治通り本店」は、1・2階の「TAKEO KIKUCHI」ショップと3階のサンドイッチ専門店「RÉFECTOIRE(Le Petitmec)」の3フロア構成。菊池氏がこれまでの活動で培ってきたものを多くの人にシェアするため、通りを歩いているかのような感覚で気軽に入れる空間を目指したという。

 中庭がある1階はカジュアルウェアを集積し、スタイリストの大久保篤志氏や帽子ブランド「Borsalino(ボルサリーノ)」などとコラボレートした同店舗限定のアイテムを展開。入り口を4ヶ所設けて入店しやすい雰囲気を創出した。菊池氏の仕事を近くで感じられるアトリエ併設型の2階はスーツなどのドレスウェアを扱い、国産から英国産まで通常店舗より約5倍の生地を揃えたパターンオーダーも受け付ける。インテリアデザインを担当したスキーマ建築計画の長坂常氏は「洋服をただ売る時代ではないので、フレンドリーにスタッフと客が接することができる空間にしたかった」と話しており、見えるところにレジカウンターを作らないのが特徴になっている。3階はランドスケーププロダクツの中原慎一郎氏がインテリアデザインを担当し、西山逸成氏が手掛けるこだわりのパンを使ったサンドイッチを提供する「RÉFECTOIRE(Le Petitmec)」が出店。中原氏は本店限定で展開されるプロジェクト「TAKEO known」のアドバイザーを務めている。

■TAKEO KIKUCHI渋谷明治通り本店
 住所:東京都渋谷区神宮前6-25-10 1F&2F
 時間:11:00〜20:00 ※大晦日は18:00までの営業
 定休日:元旦
 TEL:03-6418-5731

■RÉFECTOIRE(Le Petitmec) 
 住所:東京都渋谷区神宮前6-25-10 3F         
 時間:9:00〜21:00 ※大晦日は18:00までの営業
 定休日:元旦
 TEL:03-3797-3722