聞くほどのことではないけれど……私が常々感じている不思議なこと




世の中にはまだまだ解明できない不思議なことがたくさんありますが、そんな壮大な話ではなくとも、常々自分が感じている「不思議なこと」もあるはず。わざわざ聞くほどのことでもないし、調べようという気も起きないけど、なんとなく気になっていることを調査すべく、マイナビニュース会員に「常々感じている不思議なこと」を聞いてみました。



調査期間:2012/8/28〜2012/8/30

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)





■クイズ番組で、正解を間違えると毎回「やっぱりこっちか」という義母(28歳/女性)



負けず嫌いなんですかね、お母さん。クイズ番組の回答で見栄張る必要もないんですけどね。とはいえ、つい口走ってしまう気持ち分かります。 



■同僚が毎日お昼に同じパン屋の同じパンを買って食べるが、飽きないのか(28歳/男性)



どれだけおいしいパンなんでしょうね。もしくはほかに理由があるのかもしれません。店員に恋してしまったとか。発想が単純過ぎますかね……



■交番の前を通ることを執拗(しつよう)に拒む友人(30歳/男性)



そんなに拒むと「何かやったんじゃないか」と気が気でなりません! でもなぜか緊張しますよね、交番前や警察官の前を通るときは。妙に表情が硬くなってしまいます。



■同じ給料なのに、持ち物がすべてワンランク上の同期(24歳/女性)



こういう同期っていますね。いったいどんな節約術でお金をねん出しているのか、あるいは、実家がお金持ちなのか、彼氏からもらっているのか、いろいろな想像が膨らみます。



■ネットだと勇ましい人が、実際に会って話すと低姿勢(30歳/男性)



これについては大目に見てあげてください! 確かに多いですけどね、こういう人。まあでも、勇まし過ぎるのは考えものです。



身近な人物に対して、ちょっとした不思議を感じている人が多い模様。とはいえ、本人に尋ねるほどのことでもないようで、これらは未解決のまま残っていくんでしょうね。いや、こういうちょっとした不思議は、むしろ解決しない方が楽しいのかもしれません。



(J.B.河合+プレスラボ)