夏に安く、冬に高い玉子の価格差を利用した独自路線で高成長。業務用の液卵の製造・販売のイフジ産業、鶏卵価格の低下も追い風で、快走が続く

写真拡大

 玉子の需要は夏場は少なく、冬に入ると増加する。

 では、供給量はどうか。ニワトリは食卓の都合に合わせて夏場に卵を少なめに産んで、冬場にたくさん産むといった器用なことはできない。そのため供給量は1年を通じてほぼ一定だ。

 そのため玉子の価格は夏場に安く、冬場に上昇する傾向がある。

 この価格差に商機を見出したのが、玉子の販売大手のイフジ産業(2924)だ。

需要と供給の季ずれを解決した
玉子の保管・販売方法とは

 たとえば、野菜は栽培する地域ごとに収穫時期をずらすことで、需要の過多に応じた供給量を確保できる。食肉も冷凍保存することで、安定した供給が可能だ。

 野菜や食肉の価格は1年を通じて安定しているのはそのためだ。

 しかし、玉子は供給量が一定なうえ、鮮度が勝負な食品であるため、夏場の売れ残った玉子を、冬になって販売することは不可能だ。殻つきのままではでは冷凍保存もできない。

 この問題を解決したのが、鶏卵を液卵に加工して保存・販売する方法だ。イフジ産業は液卵の独立系最大手だ。

 液卵とは玉子を入荷後ただちに割卵し、それを全卵、卵黄、卵白などに加工(分離)したものだ。冷凍保存され、需要に応じて順次、販売される。

安心・安全、手間いらずの液卵需要は
製菓・製パン業界向けに旺盛続く

 玉子を液卵に加工して保存・販売するメリットは、需要の増加・減少に柔軟に対応した出荷が可能になることだ。

 それ以外にも、雑菌の多い殻を完全殺菌し、機械化によって殻に触れることなく割卵、さらに完全な衛生管理のもとでの保管・出荷・輸送によって、食の安全と良質の品質を維持できることなどだ。

 液卵の主な販売先は、玉子を原料として大量に使用する洋菓子メーカーやパンメーカーなどで、イフジ産業の販売先には山崎製パン(2212)など大手メーカーか顔を揃える。

 イフジ産業の2012年4〜9月の上半期の業績動向は、販売数量が前年同期比3.2%増加した一方で売上高は同10%減少、でありながら経常利益は同37%増加という、やや複雑な結果となった。

 販売が好調なもと、なぜ、売上げが減少したのか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)