これは切なすぎる! 別れた彼女の動向をフェイスブックで追い続ける、ひとりの男性を捉えたミュージックPV

写真拡大

以前当サイトでご紹介した、「フェイスブックで別れた恋人の動向をチェックしてしまう人が多い」という事実。これを実写化してしまったミュージックPVを、動画サイトyoutubeで発見したので、ご紹介しますね。

驚くことに「フェイスブック公認(!)」であるというこちらの映像は、小田原出身のバンド『ammoflight(アンモフライト)』が11月21日に発売するシングル『アルタルフ〜この恋の終わりに〜』のミュージックPVとのこと。ひとりの男性が、別れた彼女の動向をフェイスブックのタイムラインに沿って追っていく、というストーリー展開になっています。

男性は、彼女の幼少期にまでさかのぼり、ことごとく「いいね!」をクリック。とにかく彼女のことが、今でも好きで好きで仕方がないのでしょうね。

彼女が新天地へ移り、新しい仕事をみつけ、新しい恋をしていることも、男性はすべて知っています。そう、フェイスブックを通じて。彼女が更新を続ける限り、男性は彼女の動向を追い続けるのであります。

そしてある日、彼女はとうとう結婚します。「いいね!」を押そうとして踏みとどまる辺り、相当の未練を感じますね……。というか、「元カノのことばっか追いかけてないで、自分も新しい恋しろよ!」って思っちゃうのは私だけでしょうか。

アーティストである『ammoflight』の公式コメントによると、この楽曲のイメージは「”会いたくても 触れたくても 叶わないよ もう”というフレーズが印象的な、この冬、一番悲しいバラード」「”究極の片思い”を、Facebookを通して表現した」とあります。

たしかに、たしかに楽曲はコメントのとおり、冬にピッタリの胸に迫る切ないラブソングです。しかしですね、約20年もの間フェイスブックで元カノの動向を追い続けるって、果たしてどうなんでしょうか。「究極の片思い」といえばそうなんですが、これを「一途な恋」だと美化していいものか非常に悩むところです、ハイ。

なにはともあれ、長い月日を経たのちロマンチックなかたちで彼女に再会できたのは、男性がめげることなく飽きることなく、日々フェイスブックを見続けた苦労の賜物! よかったよかった!

……とはいえ、やっぱり女性側からしたら「若干背筋が凍るような体験」に思えてしまうんですよねぇ……。見終わった後、キュンとするのが正しいのか、「コワっ」って思うのが正しいのか、ああもう私には判断がつきませんーっ! というわけでみなさん、どうぞご自分の目でPVをお確かめくださいませ。

(文=田端あんじ)

参考元:youtube.com(http://goo.gl/7Zywk )


この記事の動画を見る