コンプレックスをオシャレにみせる、カッコいい帽子の選び方




帽子が似合う芸能人には、その時代のおしゃれな人が選ばれているように、帽子をかぶるだけでオシャレ度もアップするはず。また、かぶり方によっては、顔をシャープに見せることができるので、よりカッコよく自分を演出できます。コンプレックスをオシャレにみせるには、どのような帽子を選べばいいのでしょうか。売れ筋の帽子のお値段など、帽子専門店「アトゥマ」の店長、森広隆さんに教えてもらいます。



■鉄板!! コンプレックス別、似合う帽子



――これから帽子に挑戦してみようと思っています。普段、あまりかぶらないので、似合うかどうか心配です。



「『私は帽子が似合わないから……』との声をよく聞きます。けれども、それは帽子をかぶりなれていないから。初めて眼鏡を掛けたときや、髪型をガラッと変えたときなど、自分のルックスに少なからず違和感がありますよね。



『帽子はかぶり慣れ』とよく言います。いきなり剛速球は投げられません(笑)。目をだんだんと慣らしてあげてください」



――顔を小さく見せてくれる帽子が欲しいのですが、どれがオススメですか?



「デザインよりも、頭のサイズに合った帽子を選ぶことが一番です。顔を小さく見せたいからといって、小さなサイズの帽子を選ぶのは逆効果です」



――小さめのサイズを選ぶのは、逆効果だったのですね……。今度からは、頭のサイズにあった帽子をかぶります。

帽子が似合わないというコンプレックスがある人のために、コンプレックスを解消する帽子のかぶり方を教えてください。



「顔の形で帽子を選んでみてはどうでしょう? 帽子には、つば(ブリム)と頭部(クラウン)があるのですが、



・丸顔の人→クラウンの先端が尖(とが)っていない帽子(ボーラーハットなど)

・面長の人→クラウンの高さのある帽子(高さのある中折れハットなど)

・四角の人→クラウンが四角い帽子(ティアドロップの中折れハットなど)

・逆三角の人→クラウンの先端が尖(とが)っている帽子(センタークリークの中折れハットなど)



が似合います。



面長だからといって高さの低い帽子を選ぶと、逆に顔の長さが強調されてしまうので注意してください。また、背が低い人は、つばが広過ぎるのは避けた方がいいかもしれません」



■帽子がくさくなるのを予防する方法



――思い切って帽子を買ったのはいいけれど、お手入れや管理も大変で、何かとストレスが多いもの。帽子はクリーニングに出したほうがいいのでしょうか? 帽子が臭くなってしまって、とても気になります。



「そう頻繁にはクリーニングに出せませんよね。そもそも帽子は型崩れしやすい物なので、クリーニングができない物も多いです。



日ごろの手入れとしては、表面のホコリをブラシで落とします。内側は汗や脂で特に汚れやすいので、濡(ぬ)らしてから固く絞ったタオル等でふいてください。そして、一日着用したら、陰干しして乾燥させることも大切。蒸れた状態で放置すると、雑菌が発生してにおいの元になります。除菌スプレーを使うのもいいと思います」



――帽子は収納がとても面倒なイメージがあるのですが……。



「壁に掛けるのをオススメします。収納というと隠すことに向きがちですが、インテリアとして飾ってしまうのも手です。陰干しを兼ねられるというメリットもあります」



ホームセンターなどで、はがしても跡の残らない粘着付きのフックを手に入れるといいかもしれませんね。最後に、読者の皆さまにメッセージをいただきました。



「帽子専門店は敷居が高いと思われがちですが、サイズが豊富にそろえてあったり、色がそろえてあったりします。値段も当店で一番出るのは4千〜7千円くらいです。そして、ほぼ間違いなく店員さんは帽子が好きですので、良いアドバイスを聞けると思います。お気軽にお越しください」



取材協力:帽子屋アトゥマ 店長 森広隆さん

http://atuma.shop-pro.jp/



(OFFICE-SANGA 臼村さおり)