【女性編】10年前の自分に伝えたいことランキング


過去から現在・未来を変えたい





10年前の自分が何をしていたか? そんなことを考えると、ちょっと後悔してしまう人も多いはず。あのときの自分にもし何かを伝えられるとしたら、今の自分だからこそ言えることがあるでしょう。きっとそれが成長したということなのですよね。そこで今回は、マイナビ会員の女性523名に、10年前の自分に伝えたいことをうかがいました。





Q.10年前の自分に伝えたいことを教えてください(複数回答)

1位 やっておけば良かったと思っていること 45.9%

2位 自分に起こった出来事 11.2%

3位 どのような仕事をしているか 6.6%

4位 現在の収入 6.3%

5位 恋愛の成否 5.9%







■やっておけば良かったと思っていること

・「もう今は仕事と趣味で手一杯で恋愛するパワーもないので、若いうちに少しは恋愛とかしといた方がいいよ、と言ってあげたい」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「高校時代遊び呆けていたので,もっと勉強しとけと言いたい」(25歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「結婚は焦らず、しっかり相手の性格を知ってからするんだよと教えてあげたい」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)





■自分に起こった出来事

・「悲しいことを避けたい」(27歳/商社・卸/営業職)

・「自分に起こったいいこと、悪いことを教えてあげたい」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「今なら引き返せることがあるぞと!!」(30歳/建設・土木/技術職)





■どのような仕事をしているか

・「仕事を選ぶときの自分によく考えてといいたい」(37歳/その他)

・「当時の将来の夢と比較してみたい」(24歳/農林・水産/技術職)

・「あのころには考えもつかなかった仕事をしているので」(28歳/不動産/営業職)





■現在の収入

・「10年後は頑張って仕事をしているのだろう、と、10年前に思っていたため」(21歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「安いけど毎日楽しいから後悔はしてない」(26歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「頑張っているよ、と言いたい」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)





■恋愛の成否

・「無事結婚できたよ!!」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ひとりでゆっくりできる場所があるといいなと思う」(28歳/その他)

・「ゆっくりでいいよ。自分らしくね」(29歳/機械・精密機器/技術職)





■番外編:違う自分へのあこがれも?

・栄養学の知識「体を健康に保つためには食べるものが非常に大切だと、体育科で運動ざんまいだった学生時代の自分に伝えてあげたい だるいな〜という日が多かったので」(32歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・楽に生きろ「楽観的な適当な性格で、適度に頑張れる人間に近づければ良いなと。全く逆な性格ですから」(20歳/医療・福祉/専門職)

・夢を信じて進んだほうがいいよ「妥当性で大学を選んで、会社を選んで、結果うつ病発症したから、もう少し自分の意見で生きていったほうがいいよ、と……」(27歳/金融・証券/事務系専門職)





総評

1位に選ばれたのは、「やっておけば良かったと思っていること」です。あのときにやっておけばよかったと、熱いコメントが多数寄せられました。この10年に足りなかったことを変えたいという気持ちが伝わってきます。





2位は「自分に起こった出来事」。いいことよりも悪いことを教えて危険を回避してほしいという意見が多かったです。3位は「どのような仕事をしているか」。現状を教えて努力してほしいという意見や、想像もつかない仕事をしているから驚かせたいという意見が見受けられました。





全体的に、進路や恋愛に対する後悔がとても多いランキングでした。違う人生をやり直したいという気持ちがあるのかもしれません。こうなったら、10年前の自分と話せる機械を誰かに発明してほしいですね。

(文・OFFICE-SANGA 塩田純一)





調査時期:2012年9月19日〜2012年9月23日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性573名

調査方法:インターネットログイン式アンケート