母国の国民的イベントは何ですか? 日本在住の外国人に聞いてみた

写真拡大

始まる前はソワソワ、当日は思い切り楽しんで、終わった後も余韻に浸れる。

そんな母国ならではのビッグイベントを、日本に住む外国人20人に聞いてみました!■アメリカ独立記念日。

大きいパーティーみたいで、花火大会やバーベキューをやります(アメリカ・女性・20代後半)■毎年9月2日。

独立デーです。

みんな自分の家の玄関などに国旗を立たせる。

人々は外に出て遊びに行ったり旅行したりする(ベトナム・女性・20代前半)■アルゼンチンがスペインから独立した、5月25日です。

200年前独立したアルゼンチンのそのごろの衣装を皆着て、伝統的な料理の屋台があるなど、とても感動的なイベントです(アルゼンチン・男性・20代後半)独立記念日というのはやはり特別な日です。

いろいろな歴史を経て今があるわけですよね。

勝利の日、出発の日でもありますから、どの国も盛大に祝うようです。

■女王誕生日。

オランダ全土にオレンジ色の飾りが掲げられ、様々なパレードや音楽祭が催される(オランダ・男性・30代前半)■王様の誕生日。

花火があったり、無料で映画を見られたり、街中にライトアップをされたりします(タイ・女性・30代前半)オランダ王国、タイ王国。

国中各地でお誕生日会です。

本当の主役は王様や女王ですが、もはや国民の日ですね。

映画が無料で見られるなんて粋な計らい! 日本の天皇誕生日は皇居で一般参賀が行われます。

■火祭り(Falles)。

スペインのバレンシアで毎年3月に開催される祭り行事。

19日の聖ヨセフの日に張りぼての人形を燃やし爆竹を使い、春の訪れを祝う。

大工が残った木材を燃やしたのが起源とされる(スペイン・男性・20代後半)春祭り、牛追い祭りに並んで3大祭りの一つに挙げられるこのお祭り、派手でにぎやかそうですね。

爆竹は連日街の広場などで鳴らされ、やけどする人も続出だとか。

さすが情熱の国スペイン!■旧正月。

実家に戻り、皆で御飯を食べ、爆竹を鳴らし、にぎわう(中国・男性・20代後半)爆竹の量なら中国も負けていません! 中国の祝い事のイベントには欠かせない爆竹ですが、邪気を払い幸福を願うという意味があるそうです。

■パリ祭。

フランス革命の日を祝う日として、元旦とこの日は唯一パリで爆竹を鳴らせる日として有名。

イベントは町全体が盛り上がり、パレードからセレモニーまで、本当に国民的な日となる。

この日は国民コカルド(Cocarde nationale)という国民標章を付ける人が多い(フランス・女性・20代後半)これまたアツイ記念日ですね。

大統領がパレードで手を振り、エッフェル塔前で国内外の人気アーティストのコンサートが開かれたりします。

ちなみにフランスでパリ祭は「キャトルズ・ジュイエ」と呼ばれており、7月14日という意味です。

「パリ祭」というフランス映画も有名ですが、こちらの原題も「キャトルズ・ジュイエ」です。

■サンレモ音楽祭かな? イタリアの恋愛の曲を中心としたイベントで、毎年の2月にテレビで放送されます(イタリア・男性・30代前半)1951年から続く国民的音楽イベントです。

日本の夏フェスなどとは異なり、歌手たちの歌うま選手権といった感じで、一位を決定します。

非常に権威あるイベントで、この音楽祭の歴史がイタリアン・ポップスの歴史といっても過言ではありません。

テレビ放送を見た視聴者による電話での投票もあるそうです。

米国のアメリカン・アイドルみたいですね。

■選挙が近くなると、皆わいわい騒ぎます。

関連グッズを作ったりして、支持したい候補を一生懸命に応援します(台湾・男性・20代後半)一生懸命応援したくなる候補がいるというのがうらやましいです。

自然と政治への関心が高まりますよね。