アンダーカバー、阪急うめだ本店にウィメンズショップ出店

写真拡大

 「UNDERCOVER(アンダーカバー)」のウィメンズショップが11月21日、大阪市北区の百貨店「阪急うめだ本店」内にオープンした。関西地方では、大阪店の閉店以来ウィメンズを扱うオンリーショップがなかったため、「UNDERCOVER」のウィメンズとしては約2年半ぶりの進出になる。

アンダーカバーのウィメンズ店が関西に再びの画像を拡大

 デザイナー高橋盾が手がける「UNDERCOVER」のウィメンズショップは、「阪急うめだ本店」3階インターナショナルデザイナーズ内に出店。ショップ内の壁や柱には、青山店のファサードのような写真のコラージュが施された。青山店は主に人物の写真だが、新しいウィメンズショップで使用されているのは猫の写真だ。オープン時は2012-13年秋冬コレクションを取り扱っている。

 「阪急うめだ本店」は、約40年ぶりに改装し11月21日に全面開業を迎えた。約8万平方メートルの売場面積は西日本最大級。「UNDERCOVER」の他にも「sacai(サカイ)」や「CARVEN(カルヴェン)」といった初出店のブランドや「HERMÈS(エルメス)」の新コンセプト店舗などが同時にオープンし、初日から賑わっている。