アメリカ西海岸を代表するセレクトショップ「Fred Segal(フレッド シーガル)」が、日本に上陸する。米国SANDOW社とマークスタイラーが11月20日付で、日本における商標マスターライセンス権と独占輸入販売権に関する契約を締結。2013年秋頃には、日本1号店の出店が予定されている。

フレッドシーガルが上陸の画像を拡大

 「Fred Segal」は、1961年創始者フレッド・シーガルにより米国ロサンゼルスで創業。米国ではオーナーとバイヤーのセンスによって商品を買い付けるセレクトショップの先駆けとして知られ、約50年間でアメリカ西海岸を代表するショップに成長した。ファッション感度の高い20代後半から50代の男女をメインターゲットに、サンタモニカとハリウッドにショップインショップ型の大規模セレクトストアを展開。アパレルやコスメティック、インテリア商品の他、店内にカフェ、レストラン、ヨガスタジオ等も併設している。2012年1月には、SANDOW社がグローバルライセンスを買収したことで、世界規模でのブランド展開をスタートさせた。

 マークスタイラーはSANDOW社との契約の目的について「世界に通用するファッション総合カンパニーの実現」を目指す施策の一つと発表。また、世界的なブランド展開を目指すSANDOW社との目的が一致したことから実現したという。マークスタイラーはセレクト業態として「valveat 81(ヴァルビート・エイティーワン)」や「The Dayz tokyo(ザ デイズ トウキョウ)」、「BORNY(ボルニー)」を運営。今後、これらで培ったノウハウにより「Fred Segal」ブランドの世界観を生かし、国内での展開を行っていくとしている。