アンチエイジング関連の書籍、グッズが続々と登場し、テレビでは健康をフューチャーした番組がゴールデンにまで進出。病気を未然に防ぐ「予防医学」という言葉も浸透してきました。現代人の考え方は「いかに病気を治すか」ではなく、「いかに病気を防ぐか」、そして健康を維持して「いかに美しくあり続けるか」ということにシフトしてきているようです。

 そんなニーズに対応して、11月には新しい雑誌が登場しました。プレジデント社が発売を開始した『素晴らしい一日』(発行:IWD社)は、予防医学とアンチエイジングに特化した健康雑誌。話題の「予防医学」や「アンチエイジング術」を毎日の暮らしの中で実践するための情報誌です。常に新しいものが発信される健康情報やアンチエイジング術の中から、注目の健康法や専門家をピックアップしたものになっています。

 創刊号では『50歳を超えても30代に見える生き方』などの著者であり、スーパードクターとしても有名なナグモクリニック総院長・南雲吉則氏と、女優の浅野ゆう子さんが若さと健康について対談。

 さらに、野菜を50℃のお湯で洗うことで新鮮さを取り戻させるという、いま話題の調理法「野菜の50℃洗い」にも注目。創刊付録として、50℃洗いが簡単にできるという「カード式温度計」が封入されています。

 他にも「マイナス5歳肌になる顔ツボマッサージ」「脳メンテナンス術」「ボケ防止の朝スープ、腸スッキリの夜ジュース」など、見た目年齢を意識したアンチエイジング術から脳の活性化、体に効くレシピなど、美と健康に幅広くアプローチしたコンテンツを掲載。

 次々に新しいものが登場し、移り変わりが激しい美容・健康法。定期的に発行される雑誌で旬のものをチェックしていけば、流行を追いながら、自分に合ったものを見つけられるかもしれません。



『素晴らしい一日 2013年 01月号 [雑誌]』
 著者:
 出版社:プレジデント社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
名門ラ・サール中学 夏休みの宿題は1カ月かけて味噌作り
辞典には載っていない言葉「秘密基地」
「ママ友」は本当に「友達」? ちょっと居心地の悪い妙な日本語を分析


■配信元
WEB本の雑誌