エーザイが、錠剤の赤色の包装シートを中身が見やすい無色透明に変更

写真拡大

エーザイはこのほど、錠剤の赤色の包装シートを、中身が見やすい無色透明に変更したと発表した。

一般的に、薬は直射日光の当たらないところに保管するよう注意されている。

とりわけ光の影響を受けやすい薬の場合、錠剤を包装するPTPシートには、光を遮る機能を持つ赤色系のプラスチックが使用されることがあるが、赤色系のシートは色が強く、外から錠剤の色や文字が見えにくい。

そのため薬剤師からは「シートが似かよっているので薬が識別しづらく、また同じ薬でも含量違いの識別に苦労する」との指摘があるという。

同社では、安全・安心な処方に貢献するため、同じ名前の薬でも含量が識別しやすいように、新たに無色透明でも光を遮断するプラスチックを用いたシートを検討しており、すでに品質が保持できることを確認した製品から変更しているという。

同社では、この改善により「シートの外から錠剤の色や文字が見たい」という要望に応えられるようになったとしている。