スバル、『2012年LAオートショー』への新型「フォレスター」出展を発表

写真拡大

富士重工業は20日、米国ロサンゼルスで28日に開催予定の『2012年LAオートショー』(一般公開は11月30日〜12月9日)に、北米初公開となる新型「フォレスター」(米国仕様車)を出展すると発表した。

新型フォレスターは、”SUVとしての本質的な価値の実現”を目指して開発。

スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能・安全性能・環境性能といった基本的な性能を進化させ、その上でSUVならではの道具としての使う愉しさと、ストレスなく自由な移動を可能にする走る愉しさを大幅に向上させたという。

また、スバルのブランドステートメント”Confidence in Motion”をテーマとしたブースでは、新型フォレスターのカットボディやタッチパネルなどの技術展示を通じて、新型フォレスターのパッケージやスバル独自のAWD機構をわかりやすく紹介するとしている。