声も老化する? いい声をつくる4つの方法




久しぶりに電話した相手に「誰だか分からなかった!」と言われた、もしくは昔のホームビデオを見て、自分の声の違いにびっくりとしたことはないだろうか? 声は加齢とともにかれて弱々しくなり、女性は低く、男性は高くなる傾向があるようだ。







■かすれ声は声帯の筋力低下とヒアルロン酸不足が原因



そもそも声はどうやって出るのか? 声を出すための筋肉(声帯)は喉頭(こうとう)の内側中央にあり、左右一対のひだ状になっている。息を吸う時には左右のひだが開き、声を出す時には閉じる。つまり、閉じた声帯のすき間を肺からの空気が通過すことによって声帯が振動し、声が出るようになる(下の中央図を参照)。



声帯は筋肉でできており、加齢や使わないことで衰えてしまう。すると、声帯のひだが閉じにくくなり、十分に振動されないため、かすれ声になってしまうのだ。



声帯の表面には、弾力性を保つヒアルロン酸を含んだ膜がある。また、声帯表面の粘膜は唾液(だえき)と同じ粘液で覆われており、声帯が振動する際の潤滑油の役目をしている。加齢により、振動を促すヒアルロン酸や粘液も減少するため、つやのないしわがれた声になってしまう(下の中央図を参照)。







■放っておくと……しゃべるだけで疲れてしまう?



問題は聞きとりにくい、乾いたダミ声になるだけではない。声を出す際に声帯のひだがきちんと閉じないため、息が漏れてしゃべる度に疲れやすくもなる。さらに、声帯の筋力低下が深刻になると常に息が漏れてしまい、声が出にくくなることもある。



意外だが、お酒は声帯を通らず直接食道に入るため、お酒は声に影響を与えないのだ。つまり、“酒焼けした声”というのは存在しない。しかし、タバコは気道を通って肺に入る。声帯が炎症を起こしてブヨブヨに腫れてしまうので、声をからす原因になってしまう。



■歌って声の筋トレを! オススメは美空ひばり?



自分でできる声のエイジングケアは歌。歌うことは声帯の筋トレになるのだ。できれば毎日、せめて2日に一度は4〜5曲ほど、伸びやかな歌を歌うのがいいという。ドクターが推薦するのは、美空ひばりさんや尾崎紀世彦さんの曲だとか。



歌うことは声のジョギングといえるほど、声帯の筋トレに有効だ。しかし、シャウトするような激しい歌は、ダッシュを繰り返すようなものなので要注意。本の音読も、ウオーキングに匹敵するのでオススメだとか。



■水分補給と加湿器で咽喉(いんこう)を潤す



また、声帯表面の渇きにはこまめに水分を補給し、加湿器で空気を潤すといい。携帯用の吸入器はイチオシアイテムだ。寝起き、食間、寝る前の1日4回ほど、ミストで声帯をダイレクトに潤すと、つやのある声を保つことができる。携帯用吸入器は家電量販店にて、4,000円前後で購入できる。



■即効性を求めるならヒアルロン注射



即効性を求めるならば、クリニックの治療も検討してみよう。声帯の粘膜に直接ヒアルロン酸を注射し、その効果は3カ月〜半年ほど続く。



■お風呂につかりながら咽喉(いんこう)仏をマッサージ



外側からのアプローチとして、咽喉(いんこう)をマッサージしてみるのもいい。声帯は伸縮することで伸びやかな声をつくるが、喉頭(こうとう)の外側の筋肉が凝り固まると伸縮が妨げられてしまう。咽喉(いんこう)仏を左右にコリコリ動かしたり、その周りをやさしくマッサージしたりしてみよう(上の左図を参照)。マッサージしている時に軽く痛みを感じたら、声帯が凝っている状態かもしれない。お風呂の湯船につかりながらマッサージすると、咽喉(いんこう)の周りの筋肉がほぐれやすく、より効果的だ。



声のトレーニングも筋トレと同じで、何歳になっても遅すぎるということはない。トレーニングすることで、若いころよりもいい声にすることだってできるのだ!



(からだエイジング)