U23日本代表にも選ばれた、現役時代の福永さん

写真拡大

海外のスポーツ選手から
引退後の生き方について学ぶ

 ファンの声援を背にグラウンドを駆け回るアスリートたち。多額の年俸を稼ぎ、引退後もさぞ華やかな人生を送るのかと思いきや、現実はそう甘くはないようだ。

 元U​23日本代表で、社会人ラグビーの名門・三洋電機ワイルドナイツの初代キャプテンを務めた福永昇三さんは、入部当時、「今後のために大型免許でも取っておけ」と言われ、将来の生活に何の保証もないことを知ったという。

 そんな福永さんは09年、現役生活にピリオドを打ち、第2の人生を歩み始めた。「この先どうするの?」と心配する周囲の声をよそに、その暮らしは悠々自適そのもの。なぜなら、福永さんには現役時代に購入した横浜の区分マンション1戸と群馬と栃木のアパート2棟から、毎月60万円を超える家賃収入があるからだ。引退後を見越して臨時収入は繰り上げ返済に回したため、アパートの残債はゼロ。今後はこれらの物件を担保に都内の物件購入も考えている。

「家賃収入がなければ、ボロボロの体で現役を続けていたかもしれません。アパートのおかげで家族にも苦労をさせずにすんでいます」(福永さん)

 堅実に見える福永さんだが、もともと資産運用に興味があったわけではない。むしろ、日本の多くのスポーツ選手と同様に、高級腕時計や外車を買って派手に遊びたいと考える普通の選手だった。

 ところが、ニュージーランドから来た外国人助っ人選手に、「そんなものは1円も生まない。それより将来のことを考えろ」とアドバイスされ、考え方が変わった。

 海外のスポーツ選手は現役時から投資や副業で資産を増やし、引退後に投資家やビジネスオーナーとして活躍する人が多い。そんな彼らに、刺激を受けたのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)