三つ星シェフのディナーなど豪華クリスマスプラン - ANAインターコンチ

写真拡大

ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区)はクリスマスシーズンの12月21日〜25日、館内7カ所のレストラン・バーでの特別メニュー「クリスマスディナー2012」(総称)を提供する。

世界的に三つ星シェフとして名高いピエール・ガニェール氏の日本で唯一のレストラン「ピエール・ガニェール」(館内36階)では、赤坂や六本木の夜景を背景に皿の上のアートのような「クリスマスディナーコース」を提供する。

コースメニューは「さっと焼き上げたラングスティーヌ、根セロリのピューレとリベーシュのジュレ、”インカ”のクレープとオシェトラキャビアを添えて」からはじまり「特選和牛フィレ肉のグリエとトリュフの香るヴィオリーヌソース、フォアグラを混ぜ込んだカボチャのヴルーテと共に」などが続きクリスマスデザートも提供される。

12月21日〜25日の18時〜21時(ラストオーダー)。

料金は2万4,000円(サービス料別)。

「ピエール・ガニェール」の隣にある「MIXX バー & ラウンジ」でも、クリスマスプラン「ベリーメリーMIXX クリスマス」を提供する。

同店を象徴するモレキュラーカクテル「シャンビー」またはシャンパンでの乾杯から始まり、多種類のカクテルやワイン、ビールなどのフリードリンクと、フォアグラ、キャビア、トリュフを使ったクリスマスプレートやデザートを含む計6品のフードメニューがセットとなっている。

また、女性客にはプチクリスマスプレゼントも用意されているという。

12月21日〜25日の17時〜20時30分(ラストオーダー)。

料金は女性8,000円、男性9,000円(サービス料別)。

また、館内3階にあり、アトリウムロビーが一望でき、待ち合わせにも最適な空間「シャンパン・バー」でもセットプラン「クリスマスシャンパンソーシャル」を提供する。

フリードリンクでの提供が珍しい銘柄「ペリエ・ジュエグラン・ブリュット(Perrier Jouët Grand Brut)」のシャンパンやシャンパンカクテル、ワイン、生ビールなどのフリードリンクに、クリスマスイメージの飾りを施した前菜4種と、シュー生地にとじ込めたビーフシチュー、ターキーのクリーム煮などからお好みの2品を選べる。

12月21日〜25日の17時〜21時(最終入店19時、2時間制)。

料金は女性4,950円、男性5,950円(サービス料別)。

さらに館内2階「カスケイドカフェ」では、欧米で代表的なクリスマス料理と各国のクリスマスケーキを揃えた「クリスマススペシャルディナーブッフェ」を提供する。

約100種類にも及ぶメニューはローストターキーをはじめ、本格的な牛フィレ肉のパイ包み焼きポルト酒ソース、タラバ蟹・ズワイ蟹のグリル、茶碗蒸しやちらし寿司などの和食メニューまで揃えたクリスマス限定のディナーブッフェとなっている。

デザートコーナーには世界各国の多彩なクリスマスケーキが並び、ファンタジックな世界が広がるという。

12月21日〜25日、平日17時30分〜21時(ラストオーダー)、土日祝日17時〜21時(ラストオーダー)。

料金は大人8,000円/65歳以上6,400円/4〜8歳の子ども4,000円(サービス料別)。