最近増えている改造OKの物件とは?



賃貸物件なのに「どんどん改造してくれてもいいヨ!」というなんとも懐の広い物件が存在します。海外ではそういった物件がわりと多いらしいのですが、最近は日本でも多く見られるようになってきたようです。



今回は、そんな改造OKの物件について不動産屋さんにお話を聞いてきました。



――改造や改築がOKの物件が増えているといいますが、そもそもこの改築OKという物件はどういうものなのでしょうか?



基本的には、古くなった物件などで改造する費用がかかってしまう物件を安く貸し出して、好きにしてくださってもいいですよ、というものですね。例えば京都市内の町家とかにも、そういった物件はあるようです。



――なるほど。大家さん側も、古くなったけど物件を借りてくれるし、借りる側も好きに改築できるからお互い好都合なのですね。海外ではこういった物件が多いのですか?



やはりアメリカは多いですね。というより、ダメと言っても穴をあけたり棚を増設したり、勝手に改築とか改造しちゃうみたいです(笑)。



――それはヒドイ(笑)。こういった物件が日本でも増えてきたというのはやはりいいことですね。



そうですね。いい傾向ではあると思います。



――こういった改築OKの物件というのは、ぶっちゃけお得なんでしょうか?



もちろん借り手側に改築の費用が発生する訳ですから、お金で考えると得ではないと思いますが、自由な間取りや設備にできるという点ではいいですよね。



――改築費用の部分さえクリアできれば、夢のような物件ですもんね。最近だと、美術関係の仕事をしている人が古い長屋のような所を自宅兼作業場兼アトリエとして借りている人がいるみたいですね。



そうですね。好きなコンセプトに改築できるのでそういった方にはちょうどいい物件かもしれませんね。あと長屋とか町家はいわゆる集合住宅ですので建て替えたくても周囲と同調しないとムリなんですね。なので、個人で中を改築・改造してくださいという大家さんもいますね。



――自由に改築した物件は、改築した人がもし出て行った場合、どうなるのでしょうか?



それはそのまま貸し出しますね。元に戻すのも難しいですし。



――好きに改築している訳ですから、ある意味貴重ですよね。同じ物件はほかにまず見つかりませんよね。



そういった意味では、大家さんにとってはいいアピールになる訳です。



――なるほど。改造OKの物件は比較的良い事が多いのですね!



という訳で改造・改築OKの物件について伺ってきました。「俺だけのオリジナルな物件に住みたい!」という人は、こういった改造OKな物件を探していろいろと手を加えてみるのもひとつの手段かもしれませんね。



(貫井康徳@dcp)