クリストファー・ケインがVERSUSを退任 ヴェルサーチが新戦略発表

写真拡大

 デザイナーChristopher Kane(クリストファー・ケイン)が、イタリアのブランド「VERSACE(ヴェルサーチ)」のセカンドライン「VERSUS(ヴェルサス)」のクリエイティブ・ディレクターを退任することが明らかになった。「VERSUS」は新戦略を打ち出し、若手デザイナーやクリエイターとのコラボレーションによるコレクションの発表を計画。Christopher Kaneは、自身のブランドに注力すると発表されている。

クリストファー・ケインがVERSUS退任の画像を拡大

 Gianni Versace Spaは、11月19日付けで「VERSUS」の新戦略を発表した。退任するChristopher Kaneに代わる特定のデザイナーは迎えず、今後はDonatella Versace(ドナテラ・ ヴェルサーチ)のリーダーシップによって若い才能と共にクリエイションするコレクションに刷新。シーズンやコレクションの発表形式にこだわらず、デザイナーやスタイリストなどの様々なクリエイターと共に、カプセルコレクションや共同プロジェクト、限定アイテムなどの発表を計画。「VERSUS」の新コレクションは2013年3月〜4月の発表が予定され、オンライン販売も計画されている。

 スコット生まれでセントラル・セントマーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン出身のデザイナーChristopher Kaneは、自身の名前を冠したブランドでも人気を集めている。「VERSUS」の退任発表前には、フランスのメディアが報じたことからNicolas Ghesquière(ニコラ・ ゲスキエール)が退任したばかりの「BALENCIAGA(バレンシアガ)」に迎えられるという噂が広がった。気鋭の若手デザイナーだけに、早くも次の動向に注目が寄せられている。