石原慎太郎氏が東京都知事を辞職し、新党を結成して次期衆院選に臨むことになりました。

 石原氏は80歳、共に新党を結成する予定の「たちあがれ日本」代表の平沼赳夫氏は73歳です。別に「年寄りだからダメだ」というつもりはありませんが、バラク・オバマが51歳、イギリスのキャメロン首相が46歳であることを考えると、「年寄りの冷や水」という言葉がどうしても頭をよぎります。

 多くのひとが指摘しているように、石原氏が国政復帰を決断したのは、長男の伸晃氏が自民党総裁選に惨敗したからでしょう。息子の出来が悪いと親がしゃしゃり出てくるのはどの世界も同じです。

「老後」というと、私たちは孫の世話が生きがいの悠々自適を思い浮かべます。これは無意識のうちに、サラリーマンの人生を前提としているからでしょう。

 日本のサラリーマンは「終身雇用」といわれていますが、60歳や65歳で定年を迎えるのですから、これは日本語として間違っています。サラリーマンは超長期雇用かもしれませんが、ある年齢に達すると強制退職が待っています。そしていったん「解雇」されると、社会から切り離されて、個人の世界に引きこもるしかなくなってしまうのです。

 ところが、サラリーマン以外の自営業者には「定年」がありません。政治家は自営業の典型ですから、選挙で当選するかぎり、いつまでも商売をつづけることができます。

 このような「終身稼業」で、ひとはどのような選択をするのでしょうか?

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)