睡眠不足が肥満・糖尿病の原因に! 睡眠障害に効く2つの療法とは?

写真拡大

現代人の5人に1人が睡眠に悩んでいるという不眠大国日本。

実際に睡眠不足は身体にどのような影響を与えうるのか? パラマウントベッドが11月15日に開催したセミナーでは、最新の実態と薬に頼らない改善法について発表された。

セミナーには、睡眠総合ケアクリニック代々木の井上雄一理事長が登壇。

睡眠不足が身体に与えるうる影響として、井上先生はうつや高血圧症、心臓疾患などのリスクを指摘した。

中でも、糖尿病発症率の上昇やメタボリック症候群へのリスクを強調。

糖尿病に関しては、45歳から65歳の男性550人を対象にした、新規に糖尿病を発症する相対的危機率を求める調査結果を発表。

調査では、飲酒によるリスクを1とした場合、睡眠障害はその5倍ものリスクとなることが分かったという。

ちなみに、肥満によるリスクは6.5倍であった。

また、18歳から27歳の健康男性11人を、睡眠不足の状態(4時間睡眠×6晩)にして行った調査結果も公表。

調査では、糖の抑制をおさえるインスリンの分泌量に変化はなかったものの、朝食後に血糖値が上昇し、耐糖能が悪化したという。

その後、睡眠障害のない状態(12時間睡眠×6晩)にすると、朝食後の血糖値は通常の数値に戻った。

つまり、健常人でも睡眠不足の状態では、朝食後に血糖値が上昇することが確認されたという。

睡眠不足が肥満につながる原因として、井上氏は空腹時の信号となるグレリンが増加し、満腹の信号であるレプチンが減少することを指摘。

つまり、睡眠不足であると空腹感が増し、食欲が促され、結果肥満につながると言う。

実際に30歳から54歳の成人1,240人を対象に、睡眠時間とメタボリック症候群との関係性について調査を実施した。

すると、メタボリック症候群の基準合致率は、睡眠が1日6時間未満の場合が一番高く、標準の睡眠時間である1日7〜8時間の場合が一番低い結果となった。

ただ、メタボリック症候群においては、1日8時間以上の場合も合致率が高くなる傾向があるようだ。

これに関しては現在、科学的な原因は証明されていない。

井上先生は、「8時間以上の層の中には、寝つきが悪い(入眠障害)、目が覚めてしまい眠れなくなる(中途覚醒)などの症状を抱えた人が含まれている可能性もある」とコメントした。

睡眠障害への対策として、睡眠薬を使用するという方法もある。

しかし、睡眠薬に頼らない改善法として、井上先生は以下2つの行動療法をお勧めしている。

刺激制御療法眠ろうとする意気込みがかえって頭をさえさせてしまい、睡眠を妨げてしまうことがある。

こうした意気込みや刺激を制御することで、睡眠を促す療法。

具体的には下記の通り。

・眠い時しか寝床に行かない・眠れなければ寝室を出る・毎朝同じ時間に起きる・日中、昼寝をしない睡眠制限療法ベッドの中で過ごす時間(床上時間)を制限し、床上時間と本当に必要な睡眠時間のギャップを少なくする療法。

浅い眠りの時間をなくすことで、中途覚醒を減らすこともできる。

具体的には下記の通り。

・床上時間を平均睡眠時間プラス15分にする・起床時間は毎日一定にし、就床時刻を遅くする・日中、昼寝をしない・目標時間の90%以上眠れたら、床上時間を15分増やす「こうした療法を取り入れるだけで、睡眠薬を用いた場合の約80%もの効果を発揮します。

どうしても昼寝がしたい時は、15時前の20〜30分を目安にするといいでしょう。

また、標準的な睡眠時間は7時間ですが、季節によっても睡眠時間は変わってきますし、高齢の方の場合は6時間でも十分になってきます」(井上先生)。

また、自分の睡眠状況・習慣を把握する方法として、パナマウントベッド研究所が開発した睡眠計「眠りSCAN」がある。

同研究所では12月3日より、「眠りSCAN」を用いての睡眠改善アドバイスサービス「スマートスリープチェック」を実施する。

同サービスは、全国のスマートスリープ直営5店舗で行う。

料金は3,150円でサービスの詳細はホームページで案内している。