「お金」に興味を持つという事 - セゾン投信・中野社長の半生記 (22) 「長期投資」に目覚めてから10年来の夢、ようやく”理想のカタチ”に

写真拡大

セゾン投信はスタート当初から2本のファンド、つまり2つの運用メニューを揃えました。

一つは米国バンガード社とのコラボレーションにより、同社が誇るインデックスファンドを複数組み合わせたファンドオブファンズです。

バンガード日本法人の加藤代表以下、スタッフの方々とは、1年近くセゾン投信が提供するファンドの商品企画について喧々諤々(けんけんがくがく)まさに口角泡を飛ばす議論を重ねてきました。

まず、ファンドの存在目的はこれから21世紀成熟社会日本で頑張って生きていく生活者が、誰でも将来の資産形成に向いた長期投資に参加できるものであること。

そのためには、投資とは埒外にいる圧倒的多数の人たちが、セゾン投信だけで十分に事足りる資産配分が為されていて、且つ「投資初めてさん」でも容易に納得できる内容である必要がある等の前提を定めて、運用コンセプトの骨格を積み上げていきました。

バンガード社が一貫して掲げている長期・分散・低コストの3要素をしっかりと体現し、リスク(値動きのブレ)を相応に抑えながら、10年、20年、30年、、、という時間軸でじっくりとお金を育てていける日本にはまだ根付いていない本格的長期保有型ファンドでお金を展望しました。

その結果構築された運用理念は、世界経済の安定した成長軌道に自然体でお金を乗せて熟成させていく国際分散投資、つまり地球まるごとに投資できるファンドとして、米・欧・日などの先進国に加え伸長著しい新興国の株式市場もインデックスで組合せ、且つ経済活動を支えるお金として2大資産クラスである株式と債券を半分ずつミックスさせたバランス型ポートフォリオでの設計図が出来上がりました。

さらに地域別資産配分はいつも地球経済全体の流れに乗っていけるイメージで各地域の株式・債券それぞれの市場規模に合わせて配分調整(リ・バランス)していく仕組みとしてルール化し、運用者の相場観を一切排除した運用を行うことにしました。

これこそが、以前お話したバンガード哲学のバックボーンともいえるチャールズ・エリスの「敗者のゲーム」で提唱されている運用理念の具現化モデルです。

プロの運用者として自らの恣意性をあえて入れないポートフォリオは、ある意味で自己否定ともいえるコンセプトですが、それによって常に自然体でニュートラルに経済成長に乗っていけるという、投資に拒否反応がある多くの生活者が納得して受入れ易い商品をどうしても作りたかったのです。

また、長期投資での財産づくりにとって最も重要な要素であるコスト(信託報酬)、これもセゾン投信の事業継続上ギリギリの水準まで低くしました。

たとえば年間1%のコスト差は30年運用すれば30%以上の運用成績の違いとなるからで、できる限り身を削って投資家本位を貫きたかったのです。

こうして出来上がったのが「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、バンガード社の理念とセゾン投信の美学とがガッチリ融合された妥協のない理想のファンドが実現できました。

そして、もう1本のファンドは運用会社としてのセゾン投信の運用哲学を表現するアクティブ(積極)運用型の商品を作りました。

セゾン投信の運用ポリシーである国際分散投資でより高いリターンを目指していくもので、この運用の資産配分はセゾン投信が機動的にコントロールする、つまり運用者としての方向性を常に積極的に表現していくファンドオブファンズです。

セゾン投信が運用者として自己主張をして行く為にどうしても必要なファンドとして「セゾン資産形成の達人ファンド」と名付けました。

この2本のファンドに特化して本格的長期投資ファンドを育て上げ、短期志向に偏った日本の投資信託業界のアンチテーゼを打ち出したわけです。

私が長期投資に目覚めてから10年来の夢が、ようやくまさに理想のカタチで叶いました。