滋賀銀行、滋賀県高島市勝野に伝統的景観に配慮の「高島支店」新築オープン

写真拡大

滋賀銀行は19日、滋賀県高島市勝野に高島支店を新築オープンした。

旧店舗は1964年6月18日に建築をし、48年の長きにわたり営業していたが、店舗の老朽化によりこのたび建て替えを行った。

滋賀県高島市勝野1411に新築オープンした高島支店は、歴史と文化に育まれた城下町の面影が残る伝統的な景観に配慮するため、勾配屋根の連なる商家の佇まいをイメージするとともに、屋上に太陽光パネルを設置し、自然エネルギーを有効活用する「太陽光発電」や日中に蓄電した電力で夜間保安灯を点灯(2基)する「ソーラー外灯」を採用するなど、「クリーンバンクしがぎん」としての環境設備の充実を図ったという。

同行は今後とも店舗機能をより一層充実し、顧客の利便性向上を図っていくとしている。