19日、Twitterなどでは「Kindle Paperwhite」到着の報告が相次いだ

写真拡大

アマゾンの電子ブックリーダー「Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)」が2012年11月19日、購入者の元に続々と届き始めた。アマゾンは19日昼に発送開始を発表し、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)では到着を報告する人が相次いでいる。

「届いた! 表示がキレイ!」

目立ったのは、画面の表示の美しさに感動する声だ。ペーパーホワイトは電子ペーパー技術「E Ink(イー・インク)」を採用、特に文章などを読むのに適した鮮明な表示を売りとしている。ユーザーからは、

「Kindle Paperwhite届いた。E Ink凄い!紙かと錯覚するくらい読みやすい」
「やっぱりpaperwhiteは段違いに綺麗だ。バックライトもうれしい。タッチも問題無く動く。今の所すごい気に入った」
「Paperwhiteはディスプレイも綺麗だな。E-Inkの仕組みはよく分からないけど、文字のくっきりさはRetinaと同じくらいかな…」

などといったつぶやきが相次いだ。イー・インクの特性上、画面切り替えに少し時間がかかるとの指摘もあったが、小説など文章主体の本を読むのであれば問題はない、とする人も多い。さっそくキンドルストアで電子書籍を買い求める人も見られ、その快適さに「これ、なんぼでも本を買ってしまうな…」と苦笑いする投稿もあった。

次回の入荷は1月12日を予定

一方、人気のため在庫はかなり逼迫している様子で、19日の時点で届いたのは早いうちに注文したユーザーに限られるようだ。中には、

「Kindle Paperwhite来た! カバーと保護フイルムだけ!!」
「予約していたKindle Paperwhiteのレザーカバーだけが届いた。本体が来るのは1か月後です」
「Kindle Paperwhite3Gクルー!?と思ってメールよく見たらカバーだけだった。カバーだけ先という罰ゲーム」

など、同時に注文した付属品だけが先に届いたという嘆き節も聞かれる。

アマゾンによると、次回の入荷は1月12日を予定しているという(19日時点)。今買うと「少し遅めのお年玉」となりそうだ。