仏版『トムとジェリー』はネコとゴキブリ!『オギー&コックローチ』日本上陸

写真拡大

フランス版『トムとジェリー』とも言われている、フランスの国民的コメディアニメーション『オギー&コックローチ』の最新シリーズが、11月17日よりアニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」にて日本独占放送がスタートした。

『オギー&コックローチ』は、1998年に老舗映画会社ゴーモンにより制作され、現在は「Xilam Animation」が手がけているテレビアニメーションで、映画化も発表されている人気シリーズ。

マヌケな青いネコ・オギーといとこのジャックが、その家に住み着いた3匹のゴキブリ(ディーディー、ジョーイ、マーキー)たちのいたずらに翻弄されるコメディアニメで、セリフがなくキャラクターの動きや表情で楽しめるという手法は、不朽の人気アイメ『トムとジェリー』の手法にもよく似ており、年代、国を越えて世界中の人々に愛されている。

今回日本独占で放送される『オギー&コックローチ2』は、2012年に制作されたばかりの最新作となる。

本作から新しくキュートなメスネコ「オリビア」が登場し、主人公オギーにまさかの恋の季節が到来。

恋の病にかかったオギーに、いたずら好きなコックローチたちどのようないたずらを仕掛けるのか、オギーに幸せはやってくるのか。

エスプリのきいた色使いや柔らかいイラスト、独特のキャラクターがシリーズ初の鮮やかな色彩で描かれているアニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」での放送時間は、毎週土曜朝7:00〜7:30、日曜16:30〜17:00。

いずれもHD放送となっている。

「カートゥーン ネットワーク」は、1992年10月にアメリカで放送を開始し、現在は世界178カ国、約3億6,700万世帯が視聴する世界最大級のアニメ専門チャンネル。

日本では、1997年に日本初のアニメ専門チャンネルとして放送をスタート。

開局以来『トムとジェリー』『ルーニー・テューンズ・ショー』をはじめとする永遠の名作から、オリジナル制作の『パワーパフ ガールズ』『ベン:10』『おかしなガムボール』ほか、『きかんしゃトーマス』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』など”世界のアニメがここにいる”をキャッチフレーズに、あらゆる国、世代に楽しめるアニメを届けている。

(C)2012 XILAM ANIMATION