WiiU『モンスターハンター3G HD Ver.』もお披露目された「モンハン部東西コミュ交流会」プレイヤーの感想は?

写真拡大

カプコンは17日、大阪本社と東京支社にて、モンスターハンター公式ファンクラブ「モンハン部」部員を招いてのイベント「モンハン部コミュ交流会」を開催した。

第3弾イベントとして開催された「モンハン部コミュ交流会」は、東京・大阪初の同時開催。

招待されたユーザーは、12月8日に発売予定のWii U用ソフト『モンスターハンター3G HD Ver.』をいち早くプレイすることができた。

東京支社の交流会では、まず「モンスターハンター」シリーズの辻本プロデューサーによるプレゼンテーションからスタート。

『モンスターハンター3G HD Ver.』は、ニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンター3(トライ)G』をWii U向けにリメイクした作品で、『モンハン』をより深く楽しむための新要素が多数詰め込まれている。

土本プロデューサーは、まずグラフィックがフルHD化になったこと、シリーズ初となるリニアPCM 5.1chサウンドをサポートすることをアピール。

次に、3DS用の専用アプリを用いて、ニンテンドー3DS版のセーブデータと共有できることことを説明した。

現在3DS版をプレイしている人も、Wii Uに育てたキャラクターでプレイすることに加え、Wii Uから3DSへセーブデータを移行させられることも可能に。

家では美しい大画面のWii U版で、外に出かける際は3DS版でといった具合に、いつでも『MH3G』を楽しめる環境が整うことになる。

さらにローカル通信であれば、Wii U1台につき、ニンテンドー3DSを3台まで接続してマルチプレイが可能。

もちろん、Wii U版同士ならインターネットを介したマルチプレイを、もちろん無料でプレイすることができる。

そして、土本氏は「Wii U GamePad」ならではのチャット機能について説明。

『モンスターハンター3G HD Ver.』ではソフトウェアキーボードを備えており、別途キーボードは不要。

入力方法としては、キーボードタイプ(ローマ字入力/かな入力)や、フリックによるケータイタイプ、手書き認識による手書きタイプが用意されている。

「よろしくお願いします!」「グッジョブ!」「ドンマイ!」「爆破します!」など、あいさつやかけ声と言った定型文も数多く用意。

もちろん、定型文を編集することも可能。

チャット機能は「ZL」ボタンで呼び出すことができる。

本作と3DSのグラフィック比較や操作感などは、「『モンスターハンター3G HD Ver.』体験会」の記事でチェックしていただきたい。

プレゼンテーションの終了後、スペシャルゲストとしてお笑い芸人「ザ・たっち」のたくやが、大阪本社にはかずやが登場。

テレビ会議システムによる東京・大阪間での”ちょっと! ちょっと、ちょっと!”や”幽〜体〜離脱〜”などの遠距離ギャグを披露。

さらに、モンハンイベントのみの新ギャグ「ちょっと! ちょっと、ドスちょっと!」や、「『おすぎです!(かずや)』『ピーコ希少種です!(たくや)』」も飛び出し、会場は大爆笑。

その後、「ザ・たっち」による2人でのマルチプレイも行われ、クエストは火山、☆7のブラキディオスに挑戦。

たくやは「あ。

こんなところに洞窟あったんだ」「(何度もこのステージに挑戦してますが)ボク、初めてここに来た気がします」など、終始火山ステージの美麗さに見とれていたが、結局いいところなくブラキディオスに完敗。

しかし、フルHD化された『モンスターハンター3G HD Ver.』の世界を存分にアピールしていた。

イベント後半は、ユーザー全員が東京・大阪で4人のチームを組んで5つのアトラクションにチャレンジするというチーム対抗戦を開催。

アトラクションは、通常のクエストをアレンジしたものとなり、音を消した状態で肉焼きに挑戦する「サイレント肉焼き」や、2つの卵を納品するタイムを競う「たまご運び!」、4人全員がアイテムを持ち寄ってアイテムを調合し大型モンスターを罠にはめる「罠を調合してハメよう!」。