無印、Facebook「いいね!」数を店頭でリアルタイム表示するカウンター導入!

写真拡大

良品計画は凸版印刷と組んで、11月16日よりFacebookと連動した販売促進策を導入。

26日まで開催する「KNIT Like COLLECTION」で「いいね! カウンター」を活用した取り組みを行う。

凸版印刷が開発した「いいね! カウンター」は、企業のFacebookページに掲載した商品情報に付く「いいね!」のカウント数が、リアル店舗に設置した専用ディスプレーにリアルタイムで表示されるというもの。

「いいね!」のカウント数を店頭で可視化することで、来店者の商品への興味や関心を高め、購買活動を促進するという。

このほど良品計画は、「無印良品」有楽町店で11月16日〜26日に開催する「KNIT Like COLLECTION」で「いいね! カウンター」を活用する。

同社商品のニットを使ったコーディネート10パターンを、facebookに掲載。

「いいね!」ボタンが押された数を、店頭のマネキンに設置した小型電子ペーパーにリアルタイムで表示する。

その他、全国の無印良品店舗では、掲載ページのURLが取得できるQRコードを印刷した販促物を置き、投票を呼びかけるとのこと。