CM「100万人のダバダ」篇

写真拡大

100人の歓声がやがて、1万人の歓声に変わる。小さなライブハウスで歌い始めたアーティスト「DREAMS COME TRUE」(ドリカム)が、巨大なライブ会場を埋め尽くすまでを描いたCMが2012年11月16日からオンエアされている。メンバーの吉田美和さんと中村正人さんを「違いがわかる人」として起用したネスレ日本のソリュブル(インスタント)コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」CMの第2弾だ。

「バリスタ」と「ドリカム」を重ね合わせて表現

10月の時点で累計100万台を突破した家庭用コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」と、ドリカムの活躍を重ね合わせて表現している。「バリスタ」は、「ネスカフェ」の専用カートリッジを使って、ボタンひと押しで「ネスカフェ」から、エスプレッソタイプコーヒーやミルクが泡立つカプチーノなど5種類のコーヒーを作ることができる。

CMは、吉田さんと中村さんが「バリスタ」を使っていれた「ネスカフェ ゴールドブレンド」を飲みながら、小さなライブハウスを懐かしそうに見渡すシーンから始まる。吉田さんがリズムを取り始めると、満員となったライブハウスの観客の前でパフォーマンスする場面になり、次の瞬間には1万人の観客であふれるライブ会場の映像に切り替わる。2人は「ダバダ〜」のフレーズで知られるCMテーマソングのアレンジバージョンを披露して会場を盛り上げる。

撮影は10月中旬、小さなライブハウスを再現したスタジオで行われた。約100人のエキストラの前で2人は息の合った演技を見せ、中村さんの撮影シーンでは吉田さんがまるで監督さながらにモニターチェックをするなど、終始笑顔の絶えない撮影現場となったという。巨大なライブ会場での「ダバダ」の熱唱シーンには、ライブ「裏ドリワンダーランド 2012/2013」に訪れた1万人以上の観客がエキストラとして参加した。