東京都表参道のカジュアルダイニング「bills」がハワイ進出!

写真拡大

カジュアルダイニングの「bills」は、2013年春に、ハワイ州ワイキキ・ビーチ・ウォークに新店舗をオープンすると発表した。

敷地は約237.6坪で、座席数は204席(1階54席、2階150席)を予定している。

同店は、オーストラリアのレストランター(料理店主)である、ビル・グレンジャーがプロデュースした。

1993年、シドニー郊外で1号店がオープンし、海外有名紙で「オーガニックスクランブルエッグ」が”世界一の卵料理”として評されたことで知られている。

ハワイ店では、世界各国のビーチカルチャーと、ハワイのサーフカルチャーを融合させた新しいコンセプトのもと、同店初となるカジュアルカフェバー業態の導入や、ローカルの食材を生かしたメニューを開発。

20周年の集大成とも言えるプロデュースワークを行うという。

なお、日本では2008年3月、同店初の海外出店となった「bills」七里ヶ浜をオープン。

続いて、横浜赤レンガ倉庫、お台場にも出店し、今年の4月には表参道に4号店をオープンしている。