LINEが店舗・メディア・公共団体向けにビジネスアカウント開設

写真拡大

 NHN Japanが運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」が、アパレルや飲食などの実店舗や、テレビ・雑誌といったメディアに向けた新ビジネスアカウント「LINE@(ラインアット)」を12月上旬から提供開始する。「友だち追加」したユーザーに対して、メッセージやクーポン・セール情報などを直接配信することができるサービス。月額5,250円でアカウントを開設可能で、さらなる来店・購買促進の活性化が予想される。

LINEが新ビジネスアカウント開設の画像を拡大

 「LINE」は現在、大手流通・小売・飲食・メーカー・民放キー局など全国規模で事業を展開する企業やメディアを中心に、企業向け公式アカウントを提供。なかでもローソンの公式アカウントは購読者数が400万人を越えるなど、参画企業各社から「LINE」上によるマーケティング成果について評価を得ているという。これまで小型店舗や中小企業に向けた公式アカウントは未開拓の状態だったが、より様々な業種の企業が利用できるプランとして、新たに「LINE@」をスタートする。

 「LINE@」は、飲食・アパレル・美容・宿泊施設などの実店舗を運営する事業者と、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌などのメディアを対象に、月額5,250円(税込)でアカウントを提供。メッセージの配信数に制限はないが、購読者数は1万人までとする。また、地域の連絡網や情報配信としての利用を見込み、地方自治体などの公共団体を対象に、初期費用・月額費用無料・購読者数の上限無しというパブリックアカウントを配布する。

■ビジネスアカウント「LINE@」
 https://biz.line.naver.jp/