旭化成社長 
藤原健嗣 
1947年、愛媛県生まれ。県立西条高校卒。69年、京都大学工学部卒後、旭化成工業(現旭化成)入社。98年旭シュエーベル社長。2000年、旭化成取締役。01年、旭化成エレクトロニクスカンパニー社長。03年、旭化成ケミカルズ社長。09年に旭化成副社長を経て、10年より現職。

写真拡大

仏像好きの私はお寺を巡るのが趣味で、時間を見つけては京都や奈良を訪れている。しかし、自分が知っていることを確認する程度の通り一遍の観光をしても面白くない。複眼的な“ものの見方”をするために、いろいろな本を旅の友に持っていく。

その中の一つが土門拳の『古寺を訪ねて』だ。これは写真集だが、横に添えてある土門の文章も味わい深い。大きさもポケットサイズで手ごろな価格で売っている。もし本屋で見つけたら、ぜひ一度手に取っていただきたいと思う。

私が最初にお寺に興味を持ったのは大学生のとき。その出合いはとても印象的だった。京都大学に在籍していた私は、5月の雨の降る日に、北区紫野にある大徳寺にフラッと訪れた。なぜ紫野と呼ばれるかについては、「紫野とは、染料の紫をとる紫草がはえている野をいう」(司馬遼太郎著『街道をゆく』)など諸説ある。しかし、そのときの私の目には、大徳寺の伽藍が薄紫の霞の中に浮かんだ。びっくりするぐらい幻想的な世界に囲まれた私は、「これがきっと『紫野』のイメージなんだ」と、勝手ながらも納得したのだった。

土門の著作をはじめて手にしたのは、旭化成の子会社である旭シュエーベルの社長をしているころだった。当時旭シュエーベルの本社は大阪にあり、私は近郊の高槻に住んでいたので、西国街道を京都まで片道約30キロの道のりを、自転車でよくサイクリングしていた。いまでも自転車でさまざまな名所旧跡を走り回っている。自宅には自転車が4台もあって、私の家内からは「あなたのカラダは一つしかないのに、(自転車が)4台あってもしょうがないでしょう」と渋い顔をされている(苦笑)。

ほかにもお寺について印象に残っている本はいくつかある。まず、哲学者の和辻哲郎が20代で書いた『古寺巡礼』がある。この本の特徴は、和辻が独学で勉強しながら、東西文化の融合をうまく説き明かそうとしている意欲作で、彼の自由な“ものの見方”を面白く感じた。

五木寛之がテレビの紀行番組で訪れた寺院をまとめた『百寺巡礼』もまた新しいものの見方に出合うことができる。五木寛之は、情念の世界からお寺を見ているようだ。京都大原にある三千院について、「もし仮に京都に光と影があるならば、大原は京都の影の部分だという気がする」などという見方をする。

光は、物質の姿を明確にする。それに対して、影はすべてを呑み込むわけだから、影の中にはすべてがある。この本を読んで谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を思い浮かべる人がいるかもしれない。「こういう見方ができるのか」と1人悦に入りながら、寺を訪れるのだ。

ただ、いま挙げた本はやはり活字の世界。想像をかき立てるという意味では面白いが、写真集である土門の『古寺を訪ねて』には、さらにすごみが感じられる。

本書は土門が何を意識して撮影しているか、当然作品として表現されていることはわかっても、その写真の撮り方を我々が真似ようとしてもできないと思う。

例えば、奈良・法隆寺中門の礎石だけを撮った写真がある。この写真の特徴は、部分を強調して、全体を表現していること。これは誰にでも理解できるはずだ。だが、土門がその部分を全体に結び付ける方法を考えるにつけ、「なるほどこの部分をちょっと意識するだけで、全体の見え方や“ものの見方”はここまで変わってしまうんだな」と感じる。被写体の本質をえぐり出す方法に関しても、いつ見ても、どれを見ても感心する。「透き通った花弁の中で息吹が見える心が見える」という文章そのままの写真を土門は撮っているのだ。

土門が写しているものの多くは、建築物や彫刻、仏像など、人間がつくったものだ。しかし同時に、作品の至るところで自然が写しだされている。そんな自然と人工物の調和に着目して読み返してみるのも私が発見した本書の醍醐味だ。

土門の写真には、被写体の持つあるがままの姿や、自然のある瞬間をとらえて作品にするというよりは、自分の思ったこと、感じたことをつくりあげ、撮影していく方法を貫いているように見える。自分が撮りたい被写体を無理やりにでも創造していこうとする執念すら感じる。きっと自分が思ったような写真が撮れるまで、いくらでも時を待っているのだろうし、試行錯誤を繰り返しているのだろう。土門のすごみはそこにある。

さらに写真に添えられた文章が、作品としてのクオリティを究極にまで高めている。

例えば、第1巻の法隆寺の中に「五重塔の邪鬼」と題して、金堂、五重塔の不可思議な補強構造について述べている一文がある。そこで土門は「その『古式』の意味するものを、漢・六朝の東洋の悠遠な伝統にまで、僕はさかのぼらせて考えるのである」と書いたあとに、

びしゃもん の おもき かかと に まろび ふす おに の もだえ も ちとせ へ に けむ

と、歌を引用する。歌の意は、100年もの間、毘沙門の脚下に伏す鬼に、私は同情している、ということだ。

これは早稲田大学の先生で、書家でもあった會津八一の歌なのだが、このような歌までよく知っていることに感心し、その引用のうまさに、思わずうなってしまう。

哲学者・梅原猛の言葉を借りれば、法隆寺は、夢殿も含めて死霊を封じ込めるための寺院であり、当時のお寺は、恨みを封じ込めるために建設されたのだという。土門によれば、そんな梅原の“ものの見方”をしながら写真を撮ると、いつしかそういう思いが形になってあらわれてくるというのだ。

同じ法隆寺の章に「聖徳太子は生きている」というタイトルの一文もある。土門は夕闇の中、夢殿のそばを歩いていると、次のような思いにとらわれたという。

「ふと、僕は、夢殿の中に、聖徳太子が静かに禅定にはいっているような気がした。(略)絶対に誰もいるはずのない夢殿の中に、何か人の気配が、感じられるのである。あの人が、気息をこらして、結跏趺坐(けつかふざ)しているきびしい気配が感じられるのである」

遠い古代に思いを馳せながら、強い思いでずっとあるものを見続けると、ある種のトランス状態となってしまうのだろう。仏像というのは不思議なもので、見る方向によって表情が変わって見えるときがある。その仏像をどういう思いで見るかによって、自分の気持ちと見る角度が一致する瞬間があるのだ。土門は執念深く思考しながら、その瞬間を実にうまくとらえている。

この本を仕事に関連づけて話すことは、なかなか容易なことではないかもしれない。しかし、何事においても、ぼんやりとニュースや問題を眺めていてはダメなのだ。ぎりぎりまで突き詰め、自分の思いを遂げたいという強い思いで物事を見ると、同じものを見ても、違う答えを得ることができるのではないか。

最後に、経営のための本としては、伊藤肇の『帝王学ノート』をお勧めしたい。私は書(道)を書くのが好きで、この本に収められた偉人のキーワードの中から、「ああこれはいまの俺の気持ちに合っているな」と共感できたものを何個か拾っては、自分の書題ノートに記すことにしている。この本でも、「物事を突き詰めると、本質が見えてくる」という『古寺を訪ねて』で得た実感を味わえると思う。

■藤原健嗣氏厳選!「役職別」読むべき本

部課長にお勧めの本

『街道をゆく』司馬遼太郎著、朝日文芸文庫

私は各地を旅行する際、必ず本書の該当個所を読むようにしている。歴史、文化、風習など、その土地のバックグラウンドを複眼的に理解することができるからだ。棟方志功の題字、須田剋太の挿絵も秀逸。

『逝きし世の面影』渡辺京二著、平凡社ライブラリー

『折々のうた』大岡 信著、岩波新書

若手、新入社員にお勧めの本

『超大国日本は必ず甦える』ハドソン研究所編著、徳間書店

ハーマン・カーンによって設立されたハドソン研究所のレポートをオムニバスでまとめてある。

『100年予測─世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図』ジョージ・フリードマン著、早川書房

『大地の咆哮』杉本信行著、PHP文庫

(文中敬称略)

※すべて雑誌掲載当時

(原 英次郎=構成 門間新弥=撮影)