『家メシ道場 1食100円でかんたんごはん』

写真拡大

男子が厨房に入る姿が珍しくなくなった。趣味という人もいれば、奥さんの手伝いという人もいる。倹約のために自炊を始める人が増えてきたという話もある。書店に並ぶ「男の料理」の本もバラエティーに富んでいる。その中から目についた3点を紹介する。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/mono/bookwatch/)でも特集記事を公開中

独身男子もOK「100円レシピ」

『家メシ道場 1食100円でかんたんごはん』

東京近郊に暮らす20代の独身男性の1日の食費の平均は1428円という調査結果があるそうだ。1か月約4万3000円。これを1食100円ですませれば月1万円で収まり、年間約40万円節約できるという計算になる。ディスカヴァー・トゥエンティワン発行の『家メシ道場 1食100円でかんたんごはん』(著・給食系男子、1050円)は、材料費100円でつくれる自炊メニューのレシピ本だ。即製カルボナーラ、豚スタミナ丼、きざみうどんなど、その数100以上。いずれも手順は簡単。節約だけでなく、自分で作れば、おいしくて健康にもいいし、何より、料理の楽しさを味わうことができる。

著者の「給食系男子」とは、2011年に会社員や漫画家、編集者、プランナーら料理好きが業種を超えて結成した料理人ユニット。

「魔法の鍋」使いこなす極意

『豪快ダッチオーブンテクニック アウトドア万能鍋使いこなし完全マニュアル』

男の料理といえば、なんと言ってもアウトドア。日頃のダメ親父や頼りないパパでも腕まくりして存在感を示す時だ。実業之日本社の『豪快ダッチオーブンテクニック アウトドア万能鍋使いこなし完全マニュアル』(編・月刊ガルヴィ編集部、980円)は、アウトドアに欠かせない万能鍋のダッチオーブンを使いこなすためのマニュアル本である。買って損しない賢い選び方から様々な活用法、メンテナンスまで、「魔法の鍋」といわれるダッチオーブンのすべてを解説する。

焼く、煮る、蒸す、炊く、揚げる、燻製といった調理法に沿って、ローストチキン、フライドチキン、海鮮パエリア、蒸しパンなどの定番料理や肉、魚、野菜別の人気メニューのレシピも紹介。これをマスターすれば、男の株が上がること請け合いだ。

美人過ぎる料理研究家の水着写真も

『森崎友紀レシピ付き写真集 for Men』

「美人過ぎる」といわれる女性が時々話題になるが、集英社の『森崎友紀レシピ付き写真集 for Men』(著・森崎友紀、撮影・熊谷貫、2100円)は美人過ぎる料理研究家の写真集である。宣伝文句に「最初で最後、もう見納め。大胆露出にも挑戦した渾身の写真集が完成」とある。男性週刊誌の水着グラビアでデビューし評判になったというだけあって容姿端麗、スタイル抜群。表紙も胸がのぞきそうな写真である。

料理はといえば、「男が元気になる」をテーマに自身が考案した「簡単!お手軽!森崎レシピ20品」が収録されている。セクシーな写真とスタミナ料理がセットになっているというわけだ。これまで料理に関心がなくても、これをきっかけに始めてみたいという人が出てくるかもしれない。