石川県輪島市、千枚田に輝くLED2万個のイルミネーションがギネス記録に認定

写真拡大

石川県輪島市は、同市が開催する「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」が、11月14日に「太陽光発電LEDの最大ディスプレイ」というカテゴリーでギネス世界記録(TM)に認定されたことを発表した。

「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」は、2007年から開始した冬のイルミネーションイベント。

イルミネーションイベントでは珍しく、全て自然エネルギーを利用して実施している。

ペットボトルの容器に太陽光パネルと充電池、LED(発光ダイオード)が入り、昼の太陽エネルギーで発電・蓄電。

夜になるとLEDが自動的に点灯する。

今回、同市が挑戦した記録は、新しく新設されたカテゴリー「LARGEST DISPLAY OF SOLAR-POWERED LEDS(太陽光発電LEDの最大ディスプレイ)」。

ひとつの会場で示される太陽光発電LEDの数を競うもので、最低条件として1万8,000個のLED装置の設置が設定されている。

記録に挑戦するにあたり、このほど同市は「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」で使用するLED装置(愛称「ペットボタル」)を2万個以上設置。

世界各国で挑戦が行われる「ギネス世界記録の日」に合わせて実施し、ソーラーLED2万461個の点灯が確認され、新たなギネス世界記録(TM)として認定された。

この記録は、「棚田の光景を浮かばせる」という日本らしい挑戦のため、イギリスのギネス・ワールド・レコーズ(TM)から世界中に紹介されるという。

同市は「自然エネルギーだけによるイルミネーションイベントが日本代表としてギネス世界記録(TM)に認定されたことは、大変名誉なこと」とコメントしている。

同イベントは、11月10日〜2013年2月17日の100日間開催。

詳細は公式サイトで紹介している。