フェンダー公認! テレキャスターとストラトキャスターのフィギュア登場

写真拡大

メディアファクトリーは16日、著名ギターの精巧なフィギュア「ギターレジェンドシリーズ」の、Fender The Best Collection「1952テレキャスター」「1957ストラトキャスター レリック」モデルを発売した。

同商品は、世界の名ギターをミニサイズで忠実に再現したシリーズ。

同シリーズ用に開発された”マイクログレイン・ドット”加工によりリアルに再現されたメイプル・ネック、本物と同じDATAを元に完全再現されたロゴ、シリーズ初登場であるエイジド加工など緻密な仕上げが施される。

付属の解説書にはヴィンテージと現行ギターを見開きで掲載。

詳細な解説が掲載されている。

「1952テレキャスター」は、フェンダーの1号機にして世界初のソリッドギター。

繊細な木目が施されたメイプルネック、アッシュボディの大きな木目、マイナスネジ、マニア垂涎の脱着式ブリッジ・カバーなど その特徴を完全再現したという。

びっしりと木目加工が施されたネックには、”TELECASTER”が併記された銀文字に黒縁のスパゲティ・ロゴ。

ラウンド型ストリング・リテイナーも精緻に造形化されている。

ブリッジ・プレートにはFENDER PAT.PENDの刻印とシリアルナンバー入り。

シリーズ発売記念特別価格998円。

「1957ストラトキャスター レリック」は、エリック・クラプトンの”ブラッキー”を思い起こさせる、ハードに弾き込まれた指板に色焼けしたネック、ブリッジのサビから歴史を物語るブラックボディを再現。

木目と経年による色焼け加工が施されたネックに、”STRATOCASTER”が併記されたゴールドに黒縁のスパゲティ・ロゴ。

ウイング型ストリング・リテイナー、スプリング・ホルダー、5本張りスプリング、トレモロ・ブロックからキャビティ空間の奥行き、経年変化で色焼けしたスプリング・カバーなど細部までリアルに仕上げられている。

価格は1,260円。

同シリーズは、第1弾として全6種の発売が予定されている。

詳細は「ギターレジェンド公式ページ」へ。