石川県・いしかわ動物園で、ワタボウシタマリン&アミメキリンの赤ちゃん誕生

写真拡大

石川県能美市にある「いしかわ動物園」で、10月15日「ワタボウシタマリン」の双子の赤ちゃんが誕生。

また、11月12日には、「アミメキリン」の「ジェブ」(オス)と「イザベル」(メス)の間に、5頭目の赤ちゃんが生まれた。

「ワタボウシタマリン」はコロンビア北西部などの熱帯雨林に分布している小型のサル。

名前のとおり、綿ぼうしのような白い毛が頭頂部にあり、首筋から背中にかけて伸びている。

1産1子が普通だが、双子が産まれることもあるという。

双子の母親は「ペロナ」で、父親は9月27日に死亡した「ジャンボ」。

出産・子育て経験があるペロナでも、1頭だけで2頭の面倒をみるのは大変だと思われたが、子育てを放棄することもなく、双子は順調に育っているとのこと。

双子は最近、ひんぱんにペロナから離れるようになり、枝や落下防止用ネットの上を動き回っているという。

また、「アミメキリン」の赤ちゃんは、若干小柄で細身の体形。

子どもが起立するのを手伝う際にメジャーで測ってみたところ、身長は170cmだったという。

なお、一般公開はもう少し先になるとのこと。

写真提供:いしかわ動物園