ナイキ、はだしを超えたスタジオ用シューズ「NIKE STUDIO WRAP」発売

写真拡大

ナイキは2013年1月より、新しいコンセプトのシューズ「NIKE STUDIO WRAP(ナイキ スタジオ ラップ)」を展開する。

同商品は、はだしより優れた機能を提供する、これまでにないモジュール(組み替え)式のフットウェアシステムとなっている。

ヨガやピラティス、バレエに至るまで、スタジオエクササイズの人気が高まるとともに、はだしで運動する女性が増えているという。

ただし、衛生上の問題からはだしではジムやスタジオには入れないことや、ワークアウト中に足が滑ってしまうなど、はだしには限界もある。

同社では、これらを解決するために同商品を開発。

「インナーブーティー」「リボン」「スリッポンタイプのケージ」の3つの要素で構成され、5通りの組み合わせによってはだしより優れた機能を提供する。

同商品を履くことで、足が汗で滑ったりソックスがずり落ちたりすることなく、快適なトレーニングが可能となる。

また、スタジオでのワークアウトを向上させるだけでなく、スタジオと自宅の移動もスムーズにできるよう設計されているという。

今回発売となる「ウィメンズ ナイキ スタジオ パック」には、メッシュ素材の袋も付いており、持ち運びや保管、洗濯もしやすくなっている。

カラーは、ブラック/ホワイトとスポーツフューシャ/ブラックの2種。

価格は10,500円。