茨城県ひたちなか市に、北関東最大の「蔦屋書店」がオープン

写真拡大

トップカルチャーは17日、茨城県ひたちなか市に北関東で最大規模の複合書店「蔦屋書店 ひたちなか店」をオープンした。

同店は、同社が運営する72店舗目のTSUTAYA店舗。

カルチュア・コンビニエンス・クラブが全国展開を予定する5,000?級の書店を擁する”超大型TSUTAYA”の茨城県内初の出店で、1,819坪の延床面積は日本最大のTSUTAYAである「蔦屋書店 フォレオ菖蒲店」に次ぐ規模となる。

同店では、70万冊の書籍・雑誌を在庫。

特に、団塊世代を中心とした”新しい大人のライフスタイル”を楽しむ”プレミアエイジ”に向けて、趣味・関心の本を充実させた。

1万種類以上の料理本や、歴史、哲学、宗教、芸術など多彩な品ぞろえをはじめ、都心でしか手に入らなかったような洋書・洋雑誌もそろえる。

また約3万種類の児童書・絵本がそろう「キッズエリア」は、親・子・孫の3世代が過ごせる場として知育玩具や文房具もそろえるほか、読み聞かせもできる広いスペースで、子どもや孫との大切な時間を演出する。

BOOK&CAFÉスタイルの店内は、コーヒーを飲みながら、自分の書斎感覚で購入前の書籍や雑誌をゆっくり選べるという。

「蔦屋書店 ひたちなか店」は、茨城県ひたちなか市新光町30-4。

営業時間は、9時〜24時(土日祝日は朝8時オープン)で年中無休。

取扱商品は、書籍、文具・雑貨、CD・DVD販売、トレカ・アミューズ。

100坪150席のカフェ「タリーズコーヒー」を併設。

なお、レンタルDVD、CDは取り扱っていない。