編集部に届いたエメラルドマウンテン

写真拡大

ある日なにげなくテレビを眺めていると、「エメマンってコロンビアの高級豆なんだー」「ぜんぶ手摘みらしいよ」――男性数人のこんなやりとりがCMで流れていた。普段から飲んでいる缶コーヒー「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」だが、使われている豆について深く考えたことはなかったので、「へえ〜」と軽く驚いた。

どんな「高級豆」なのか。後日、販売元の日本コカ・コーラに問い合わせたところ、「では実際に舌で試してみてください」と、送ってきてくれた。試さない手はない。さっそく、豆をひくところから始めてみた。

コロンビアコーヒー全体の約3%しか採れないと言われる希少な豆

そもそも"エメラルドマウンテン"という言葉は、実は豆そのものの名称を指すという。豆の名前がそのまま製品名にも起用されているのだ。編集部に届いたエメラルドマウンテンは、透明なパッケージにぎっしりとつまっていた。山を背景に馬と口ひげの男性が描かれたラベルのロゴマークは、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)のもの。コロンビアコーヒーの中でも、全体の約3%しか認定されない厳しい品質検査に合格した希少な豆だという。

この豆の産地であるアンデス山脈のふもとに広がる丘陵地帯は、コーヒー作りに適した数少ない土地で、「朝と夜の温暖差が大きい高地」、「栄養価が高く、水はけのよい火山灰性の土壌」「年間2000ミリ前後の降雨量と日照量」という3つの好条件を備えている。コーヒーの苗木が56万世帯以上の生産者の手で植えられ、赤い実をつけるまでに3年以上の年月がかかる。完熟した豆は伝統的な手作業で1粒ずつ摘み取られる。

パッケージを開封してみると…

パッケージを開封してみると、豊かな香りが鼻を刺激した。用意しておいたミルで豆をひくと、香りがさらに部屋中に広がる。そばにいた男性編集部員からも、「何?コーヒー?いい香りだね」と声をかけられた。

抽出したコーヒーをカップに注ぎ、そのまま口にしてみると、ブラックなのにまろやかな甘みを感じる。さらによく味わうと、ほどよい苦味とわずかな酸味も舌に伝わってきた。後味もすっきりしている。こうした後味はアンデスの奇麗な水で洗いながら精製されたウォッシュドビーンズを使用することで生まれるエメラルドマウンテン特有の味わいらしい。これなら何杯でも飲めそうだ。周囲の数人にもコーヒーを入れて勧めてみたところ、「あ、おいしいね」「いい香りじゃん」と好評だった。記者の豆のひき方、コーヒーの入れ方が上手だったのだろうか。いや、違う。やはり「豆の力」のせいのようだ。

そのエメラルドマウンテン70グラムが抽選で30人にあたるそうだ。同社が行っているキャンペーンで、2012年12月4日まで実施している。希少なエメラルドマウンテンの味を直接試すことができる「希少」なチャンスと言えそうだ。