年数より使い方。あなたの洗濯機はカビで犯されていない? - エステー調査

写真拡大

エステーは2011年9月〜2012年4月にかけて、衛生微生物研究センターとの共同研究で「洗濯機のカビ汚染度の調査」を実施。

このほど調査結果を発表した。

同調査は、洗濯頻度や使用年数などの使用状況を把握した上で、洗濯物を入れず水道水のみで空運転した後に採取した水に含まれるカビ数を測定した。

調査対象は、各家庭で実際に使用中の洗濯機25台。

調査の結果、空運転後の洗い水のカビ数を調査した結果、1台の洗濯機から水1ml中に1,000〜1万個ものカビを検出。

さらに5台の洗濯機からは100〜1,000個、8台から10〜100個のカビを検出し、半数以上の洗濯機の洗い水からカビが確認できた。

一方、カビが検出されなかった洗濯機は11台(検出限度10個/ml以下)。

検出されたのはいずれも肉眼では確認できないカビだった。

最も多く含まれていた洗い水の検出カビ数(水1ml中に1000〜1万個)は、“泥水”に含まれるカビ数と同レベルということが判明した。

以上の結果から、洗濯機内に発生したカビは洗濯時の洗い水に放出され、大量のカビが放出される洗濯機の場合は、洗濯した衣類などへのカビ汚染を引き起こす可能性が高いことが分かった。

次に、洗濯機の使用年数とカビ汚染の相関性について調べたところ、使用年数が10年以上の洗濯機も、使用5年以内の洗濯機と同等のカビの検出率であることが分かった。

また、週に2〜3回洗濯機を使用した方が、毎日使用するよりもカビが発生しやすい傾向があることも明らかとなった。

使用年数とカビ汚染に必ずしも相関性は見られず、洗濯機のカビの発生は使用環境や使用状況が大きく影響しているようだ。