「ハイパワーアンテナ」搭載

写真拡大

ロジテック(東京・千代田区)は、無線LAN規格「11ac技術」に対応したブロードバンドルータ「LAN-WH600ACGR」を11月下旬に発売する。標準価格は、2万500円(税別)。

「超高速無線通信」実現

採用した「11ac技術」は、従来の11n/a規格で実現している450メガビット毎秒(規格値)の約1.3倍となる、最大600メガビット毎秒(理論値)の無線通信を実現するという次世代無線LAN規格だ。

11ac技術は、IEEE802.11aや11nと同じく電波干渉の少ない5ギガヘルツ帯を使用する。11n/a未対応のパソコンやスマートフォン、ゲーム機などは対応機器の多い11/n/g/bで接続し、11n/aと同時に使用できる。 100メガビット毎秒を超えるインターネットサービスの高速通信にも対応した。

強力な「ハイパワーアンテナ」により、同社従来製品のハイパワールータと比較して無線スループットが約1.7倍にも向上し、無線LANに接続する機器との距離の目安は最大70メートルにもなる。