ベルトコンベアに着想得たガジェット系腕時計上陸 価格は約200万円

写真拡大

 「RESTIR(リステア)」が、アメリカ生まれの腕時計ブランド「Devon Works(デヴォン・ワークス)」の「トレッド1」シリーズの国内展開をスタートした。「トレッド1」シリーズは工業用ベルトコンベアやモーターサイクルからインスピレーションを得た腕時計で、タイムベルトと呼ばれる4本のベルトがモーターで駆動しながら時刻を表示。価格は186〜196万円と高額だが、2010年にジュネーブ時計大賞のデザイン・コンセプト部門でファイナリストに選出されて以来、時計ファンをはじめ、ガジェットファンからも注目を集めているという。

ガジェット系腕時計 リステアに上陸の画像を拡大

 「Devon Works」は、新興スポーツカーメーカー「Devon」の創設者Scott Devon(スコッツ・デヴォン)がロサンゼルスで設立。自動車産業や宇宙工学、情報産業の技術を活かし、縦横のスライド方式を採用したベルト式腕時計「トレッド1」シリーズはアメリカの時計ブランドで唯一、自社開発のムーブメントを使用。マイクロプロセッサーの起動・制御による厚さわずか0.05mmの表面ガラス強化ベルト「Nylon Time Belt©」が回転し、時・分・秒を表示する。

 「RESTIR」ではスタンダードなデザインの「トレッド1-E」と時刻表時部分がオレンジ色の「トレッド1-F」の2型を販売。価格は「トレッド1-E」が1,864,800円、「トレッド1-F」が1,966,650円(共に税込)。

■RESTIR - DEVON特設サイト
 URL:http://www.restir.com/brand/devon/