鶏むね肉の激ウマ料理 (6) 鶏むね肉のチーズ入りチキンカツがしっとりやわらかで超絶品!

写真拡大

安価な食材ではあるが、パサパサ、かたいというイメージの強い鶏むね肉。

今回は、やわらかく仕上げた鶏むね肉のチーズ入りジャンボチキンカツを紹介しよう。

レシピ考案は人気ブロガーの筋肉料理人さんだ。

材料(1人分)鶏むね肉 1枚(300g) / ピザ用チーズ 20g / パン粉大さじ6〜8 / キャベツ 1枚 / 貝割れ大根 1/8パック / プチトマト 1個 / マヨネーズ・とんかつソース 各適量A(醤油・日本酒 各小さじ2 / おろしニンニク 小さじ1/5)B(卵 1個 / 小麦粉 大さじ2)つくり方鶏むね肉は半分の厚みに切り開き、皮を包丁の先で刺して何カ所か穴を開ける。

この上にラップをかぶせ、瓶の底などで叩いて伸ばす。

Aをボウルに混ぜ、1を入れてなじませる。

なじんだところで取り出し、余分な水分をキッチンペーパーで吸い取ってチーズを挟んでとじる。

とじたら爪楊枝をさして、開いてしまわないようにする。

Bをボウルに混ぜてバッター液をつくり、2を入れてなじませる。

こうするとパン粉がよく絡む。

次に、半量のパン粉をしいたバットに入れ、上からも残りのパン粉を振りかけて手で押さえてなじませる。

フライパンにサラダ油を2〜3cmの深さになるまで入れ、160〜170度に熱して3を揚げ焼きする。

両面をキツネ色に揚げ、中まで火が入ったら油をしっかり切り、一口大に切って盛り付ける。

千切りにして貝割れ大根と混ぜたキャベツ、プチトマト、マヨネーズ、お好みでとんかつソースをかけてできあがり。

「おかずにもビールのつまみにもなるジャンボチキンカツです。

揚げる前に開いて叩き、下味を付けることで鶏むね肉が柔らかくなります。

また下味をしっかりつけると旨みを感じやすいのも利点ですね。

とろりととけたチーズも鶏むね肉に旨みを入れてくれますよ」(筋肉料理人さん)。

筋肉料理人1963年6月生まれ。

佐賀県在住。

自営業のかたわら、居酒屋で料理人としても働く。

2009年からは佐賀県三養基郡みやき町保有の元民間保養施設で食文化コーディネーターとしても活躍。

趣味は料理、バイク、アウトドア、筋トレ、熱帯魚。

子供は中学生と小学生の2人。

日々料理を楽しみ、筋トレ、プチダイエットも継続中。

超人気レシピブログ「魚料理と簡単レシピ」も執筆。