鉄道トリビア (177) 音楽好きも思わずニヤリ…音符型の駅がある

写真拡大

線路1本。

ホーム1面。

駅舎のない無人駅は、鉄道ファンに「棒線駅」と呼ばれる。

バスや路面電車の停留所を一回り大きくしただけだが、そのわびしさ、はかなさが魅力でもある。

そんな棒線駅に遊び心を加えたユニークな駅がある。

なんと、外から見ると音符の形をしていて、「棒線駅」というより「音符駅」だ。

いったいなぜこんな形になったのだろうか?音符型の駅の名は、福井鉄道福武線ハーモニーホール駅。

この近くに福井県立音楽堂があり、その愛称が「ハーモニーホール」だ。

ハーモニーホール駅はこの施設に行く人のために設置された。

ハーモニーホールがオープンしたのは1997年9月23日、ハーモニーホール駅の開業はその3日前の9月20日に開業した。

音楽堂への最寄り駅ということで、音楽にちなんだデザインとした。

待合所の屋根が涙型で、音楽記号のフラットがモチーフだそうだけど、棒線のホームと合わせると4分音符を横にしたようにも見える。

音楽用語でいうと、待合所が符頭(たま)、ホームが符幹(ぼう)だ。

音楽に縁のある駅らしく、駅名標も音楽をテーマとしたデザインになっている。

もっとも、待合所の丸い屋根は遊び心だけではなく、積雪を防ぐためでもあるとのこと。

間もなく訪れる雪の季節に、音楽ファンを守る頼もしいデザインというわけだ。

ちなみに、福井鉄道ではハーモニーホールのコンサートチケットを持っている場合、同社のどの駅からでも片道運賃が大人200円、小児100円になる。

また、ハーモニーホールの駐車場を利用したパークアンドライド制度もある。

鉄道と音楽ホールで、サービスも”ハーモニー”を奏でているようだ。