大阪府枚方市の京阪電車樟葉駅、2014年春完成めざし駅ビルをリニューアル

写真拡大

京阪電気鉄道はこのほど、大阪府枚方市の樟葉(くずは)駅で駅ビルのリニューアルに着手したことを発表した。

樟葉駅前の大型商業施設「KUZUHA MALL(くずはモール)」の増床工事に合わせて実施され、「京阪くずは駅ビル」のリニューアル完了は2014年春の予定。

駅ビル南館の1部は10月26日にオープンしており、2013年春には全館オープン予定。

現在の「京阪くずは駅ビル」は2013年春にいったん営業を終了し、リニューアル工事を行う。

「KUZUHA MALL」の増床工事が完了する2014年春に「京阪くずは駅ビル」のリニューアルも完了し、同時期に樟葉駅の駅ナカ店舗でも1カ月程度のリニューアル工事を行う。

「KUZUHA MAL」と駅ビル2棟、駅ナカ店舗による一体的な商業集積地区としてのにぎわいを創出するとのこと。

駅ビル南館は地上3階建て、延床面積約4,470平方メートル、営業面積約2,950平方メートル。

駅ビルは地上3階地下1階、延床面積約4,180平方メートル、営業面積約2,520平方メートル。

リニューアル後の営業面積は約2,960平方メートルの予定。

いずれも京阪が施設を保有し、京阪ザ・ストアが管理運営にあたる。