【女性編】自分の行動でイラだつ瞬間ランキング


自分が悪いからこそイラつく!





重要な忘れ物を思い出して、家に踵を返したことがある人は多いのではないでしょうか。日常生活において、ちょっとしたしたことで自分自身に対するイラッとした感情がわいてくることはあるはず。そこで今回は、マイナビ会員の女性573名に「自分の行動でイラだつ瞬間」をうかがいました。





Q.自分の行動でイラだつ瞬間を教えてください(複数回答)

1位 角に小指をぶつける 27.4%

2位 教わったことを忘れる、教わったのにできない 17.3%

3位 電話応対は緊張する 16.8%

4位 食事をこぼす 16.2%

5位 朝、起きられない 15.5%







■角に小指をぶつける

・「かなり痛いが、むしろ悔しい気持ちがまさって、イラッ」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「普段から足の指をぶつけることが多く、先日骨を折ってしまいました」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「なぜまたぶつけてしまったんだー! という後悔の念」(24歳/商社・卸)





■教わったことを忘れる、教わったのにできない

・「相手の時間を奪って教わっておきながら、忘れる自分が許せないから」(26歳/生保・損保/専門職)

・「同じミスを繰り返し、一度で学べない自分が嫌になる」(24歳/商社・卸/営業職)

・「仕事でほかの人たちに迷惑がかかるので」(21歳/食品・飲料/販売職・サービス系)





■電話応対は緊張する

・「いつまでたっても電話対応が緊張したりする人見知りで嫌になります」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「よく変な敬語を使ってしまい、後で自己嫌悪に陥る」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「もっと気軽に電話に出られたらいいのにと思ってしまう」(24歳/食品・飲料/営業職)





■食事をこぼす

・「食事をお気に入りの服にこぼしたときは、ものすごくブルーになります」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分のとろさに本当にいらつく」(22歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「イラッともするが、命令系統がまひしているようで、自分のカラダが心配にもなる」(44歳/その他)





■朝、起きられない

・「低血圧だから、いつも起きぬけはイライラしてしまいます」(29歳/医薬品・化粧品/研究職)

・「何度か寝坊してしまった。その度に自己嫌悪になります」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「朝が大の苦手。毎日死ぬ気で起きています」(34歳/不動産/事務系専門職)





■番外編:注意しているつもりでも……

・ブラインドタッチを失敗する「PCで何度も同じ変換間違いをするとき、イラッとする」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・車の運転が下手「3年目なのにいまだに慣れない車の運転……方向音痴とか。早く一人前になりたいです」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・おっちょこちょい「気を付けているつもりなのですが、なかなか治りません」(30歳/その他)





総評

堂々の1位に輝いたのは「角に小指をぶつける」でした。痛いとわかっているのに、自分の不注意によってぶつけてしまうことにイラだちを覚える人が多数。気をつけているつもりでも、なぜかぶつけてしまいますよね。





2位「教わったことを忘れる、教わったのにできない」、3位「電話応対は緊張する」と、仕事上のイラだちがランクイン。電話は苦手だ、何年キャリアを積んでも慣れないという人が多いようです。





4位は「食事をこぼす」。だらしない自分に腹が立つという意見が多数寄せられました。口からこぼれるだらしなさはもちろん、床に食べ物が散乱してしまうことにもイライラが募るようです。





圏外ではありましたが、「車の運転が下手」と「運動神経がよくない」も多くの支持を得ています。全体的には、わかっているのにできないという状況に対し、イラだつ女性が多い結果となりました。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年9月19日〜2012年9月23日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性573名

調査方法:インターネットログイン式アンケート