車高が10ミリ上昇

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2012年11月20日、輸入車ミニバン「ゴルフトゥーラン」から「クロストゥーラン」を発売する。価格は、348万円。

専用デザインのフロント&リヤバンパー

スポーティーなSUVスタイルの「クロスポロ」と同様のコンセプトで開発された「クロストゥーラン」は、7人乗車可能なコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」をベースに、エクステリアを中心として、専用装備を充実させたモデルだ。

エクステリアでは、専用にデザインされたフロント&リヤバンパーやホイールハウスエクステンション、サイドスカートなどを装備したほか、車高を10ミリ高くしたサスペンションと17インチアルミホールを標準採用している。一方インテリアでは、専用デザインのファブリックシートに加え、純正ナビゲーションシステム「712SDCW」とリヤビューカメラ「リヤシート」などを標準装備した。

パワートレインには、低燃費とダイナミックな走りを両立する1.4リッターTSIエンジンに7速DSG(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせ、JC08モード燃費は14.0キロ毎リットルを達成している。