「ホーム・ビル&インテリアWEEK」という冠の下、「Japan Home & Building Show2012」(主催:(社)日本能率協会)と合同で開催された「インテリアトレンドショー第31回JAPANTEX2012」(主催:(社)日本インテリアファブリックス協会)が、11月16日(金)に閉幕した。
「JAPANTEX」の来場者数は1万2473名(前年1万4705名)と、カウント方法の違い(他展からの来場者、プレス登録者は含まないなど)があり数字上は減少したものの、「Japan Home & Building Show」の来場者は1万7340名(前年1万7167名)と微増、他展からの来場登録者(3559名)を加えた「ホーム・ビル&インテリアWEEK」としての総来場者数は、3万3372名(前年3万1872名)と前年を大きく上回る結果となった。また会場内の賑わいはその数字以上に感じられ、初日の開幕直後から最終日の終了間際まで多くの来場者が会場を回遊、セミナー関連も毎回盛況となるなど、大きな手応え、成果を得た出展者も多く、合同開催による相乗効果は極めて大きかった。
なお「JAPANTEX2013」は2013年10月23日(水)〜10月25日(金)に開催される予定。