左:「ピノ チョコアソート」、右:「ピノ シーズンアソート」

写真拡大

森永乳業は2012年11月19日、「ピノ」シリーズから「ピノ シーズンアソート」を期間限定で発売する。

「抹茶ミルク」や「キャラメルマキアート」も

「ピノ」は、1976年に発売した、チョコとアイスが口の中で溶け合うひとくちタイプのアイスクリーム。

今回発売するのは3種類のピノが入ったアソート(詰め合わせ)タイプで、おなじみの「バニラ」に加え、カフェで人気のメニュー「抹茶ミルク」と「キャラメルマキアート」を詰め込んだ。

「抹茶ミルク」は、抹茶アイスクリームをミルクチョコでコーティングしている。抹茶のやさしい渋みとミルクチョコが混ざり合い、マイルドな甘さが楽しめる。

「キャラメルマキアート」は、コーヒーアイスクリームをキャラメルチョコでコーティングしている。キャラメルチョコの香ばしさとコーヒーアイスが混ざり合い、程良い甘さが楽しめる。

また、同時期に「ピノ チョコアソート」も冬季限定パッケージで展開する。

希望小売価格は、525円。