とりあえず、コンビニで100円を切る商品を手当たり次第に購入した。これだけ買っても、総額は1500円に満たないのがすごい。

写真拡大

あまり普段意識しないが、コンビニには「100円未満」で買える食べ物が意外と多い。

コンビニ客の1回の平均買い物額は604.3円という(日本フランチャイズチェーン協会調べ、2011年)。政局混迷、景気低迷が続く中、600円もあれば「両手にいっぱい」買えるこれらの商品はまさに庶民の味方だ。おなじみの商品から意外な伏兵まで、こうした「激安」食品からコストパフォーマンスや意外性、ブランド力などの観点から、編集部の独断で「八傑」を策定してみた(以下、順不同)。

ガリガリ君はローソン夏アイスランキングNo.1

(1)コロッケ:50〜80円前後

激安度/☆☆
満腹度/☆☆☆
意外度/☆☆

近年各コンビニが相次いで投入しているのが、100円を切る価格のホットスナックだ。特にコロッケは各社ともに力を入れ、さまざまなバリエーションを発売している。揚げたて感覚でこの値段、十分に昼食の主力たりうる。


(2)ゆでたまご:70円前後

激安度/☆
満腹度/☆☆
意外度/☆☆

昼食にちょっと一品ほしいかな、というときの強い味方がこれだ。すでに味が付けられていて、そのまま食べられる。また姉妹品として「温泉たまご」も同程度の価格で販売されている。麺類などのトッピングにもぴったりだ。


(3)ガリガリ君(赤城乳業):62円

激安度/☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆

「激安アイス」の帝王といえば、なんといってもこれだろう。ローソンの2012年夏(7月1〜23日)のアイス売り上げランキングでも、「梨味」とオリジナルの「ソーダ味」が1位・2位を独占した。2012年11月13日からは、新味「白いサワー」も発売されている。


(4)チロルチョコ(チロルチョコ):20円

激安度/☆☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆

レジの横においてあると、ついつい1個買ってしまうという人も多いのでは。各地で売り切れを起こして話題を読んだ「きなこもち」も、2013年の発売10周年を記念して現在復活中だ。

内村選手も好きなアレは外せないよね

(5)おやつカルパス(ヤガイ)&チーズおやつ(扇屋):9円

激安度/☆☆☆
満腹度/☆
意外度/☆☆

安い。とにかく安い。今回、最寄りのローソン・セブン-イレブン・ファミリーマートを回ったが、一番安かったのはこの商品だった。大きさは4センチ前後と満腹にはちょっと足りないが、これなら何個でも、また何種類でも買える。ちょっとしたおつまみにも。


(6)チョコブッセ(セブン&アイ):55円

激安度/☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆☆☆

コンビニスイーツというと大半が100円以上、最近では味も値段も「本格派」なものも増えている中、PBのこの商品は破格と言っていい55円だ。味のほうも意外と(?)本格派で、ふんわりとした口当たりの上品な一品となっている。


(7)うまい棒(やおきん):10円

激安度/☆☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆

2012年のバレンタインデーにネット上で「うまい棒買い占め作戦」が呼びかけられるなど、ネットユーザーからも深く愛されている。ちなみにローソンでの2012年9月度売り上げランキングは、1位が「コーンポタージュ味」、2位「めんたい味」、3位「チーズ味」だという。


(8)ブラックサンダー(有楽製菓):32円

激安度/☆☆
満腹度/☆☆
意外度/☆

ロンドン五輪金メダリスト・内村航平さんも愛好するブラックサンダーはやはり外せない。「ちびサンダー」(21円)、「BIGサンダー」(53円)といった姉妹品もあり、空腹の度合いに応じて買い分けられる。「若い女性に大ヒット中」というフレーズでもおなじみだ。


以上、独断と偏見で「八傑」を選出してみた。「○○が入ってない!」「××を忘れてる!」という声は、ぜひ編集部までお寄せいただきたい。