10年後の若者に常識のスキルとは




話題のスマホやタブレット、使いこなせていますか?ポケベル、PHS、ケータイ、スマホと、身近な情報機器が進化するにともなって、操作をするのに必要なスキルも変化してきています。驚くべきことに、幼児がタッチパネルを駆使してネットの動画を次から次へと見まくっている、なんていう話も聞きます。



自身の親世代と比較してもそうですが、時代ごとに備わるスキルは様々です。必要に迫られて取得するというよりも、技術やガジェットの利便性につられて、自然に身につくことというのは思いの外、色々なものがありますね。外国語に関するスキルについても、同様のことが言えそうです。



果たして、10年後の若者はどんなスキルを備えているのでしょうか。



今回は、マイナビ会員の200名に聞いた、「10年後の若者には常識になっているだろうスキル」についてのアンケート結果をお届けします。



特に多かったのが、英会話をできるようになるという意見。



■英会話・英語

小学生からみんな習っているし、昔より英語の重要性もみんな知っているから。(女性/神奈川県/32歳)

英語教育が変わっていくと思うので(男性/新潟県/41歳)

小学校でも英語教育が開始されているから(女性/新潟県/47歳)

英語が小学校の必須科目になったり、国が英語力をつけるよう指導しているから。(女性/愛知県/34歳)



また、英語に限らず、さらにこんな回答も。



■数カ国語

楽天のような英語を使う企業が増えるから(女性/茨城県/37歳)

国際化が進んでいるから。英語だけでなく、アジア系の言語も必須となりそうだから。(女性/愛知県/25歳)

国際化教育がさらに過熱し、小学校で英語以外の語学教育まで受けられるようになりそうだから。(男性/広島県/48歳)



PC関連のスキルを挙げた方も多かったものの、特にスマートフォンへの対応が進むとの声が多くみられました。



■スマートフォン

スマートフォンの操作。普及率が年々高まっているから。(女性/茨城県/27歳)

特に文字入力方法。フリック入力の速さが尋常じゃないと思います。(男性/東京都/47歳)

スマホ・タブレットを器用に使いこなせること。赤ちゃんでも扱っているのをテレビでみたので(男性/東京都/34歳)

一人一台持つときがくる(男性/神奈川県/28歳)

つかいこなす技術。ものすごい勢いで普及しているから(女性/東京都/28歳)

スマホの活用能力。普及が驚くほどのスピードで進んでいるから(女性/神奈川県/29歳)

ハードウェアのオペレーションは当然のこと、インターネット上での立ち回り方に関しても、回答が多く寄せられた。



■ネット上で何をできるか

SNSを駆使してセルフブランディングをする能力。企業やブランドでも、SNSを駆使した運営が求められると思うから。(女性/神奈川県/23歳)

(ネット上での)行動力。ネットでの活動時間がますます増えそうなので。(男性/東京都/28歳)

ネットビジネス。中国でもインドでもない、マーケットはネットの中にある。若者が積極的に活用するのではないか。(男性/北海道/33歳)

ネットを活用することで、日本に居ても世界中の出来事を瞬時に知ることができるから、サラリーマンよりもよほど世界中の出来事や流行に詳しい若者が増えそう。(女性/神奈川県/25歳)



言語にしても、機器にしても、操ることができるというだけでなく、それを用いて何をするかが大切になってきます。それでも、習得までのハードルが低いに越したことはありませんね。





(文/マイナビニュース編集部)