カスピ海ヨーグルトが南極へ! フジッコが種菌を南極観測隊に寄贈

写真拡大

フジッコは「カスピ海ヨーグルト」を家庭で手軽に手作りできる「カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌」を、11月25日に南極へ向けて出国する第54次南極地域観測隊に寄贈した。

カスピ海ヨーグルトは、独特の粘りと酸味の少なさが特長のヨーグルト。

「カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌」は、純粋培養した「カスピ海ヨーグルト」の種菌を凍結乾燥(フリーズドライ)したもので、常温で持ち運びが可能。

牛乳と混ぜて常温で発酵させることで、「カスピ海ヨーグルト」を作ることができる。

今まで南極地域観測隊は、持ち込んだヨーグルトは賞味期限内で食べ切るか、そのヨーグルトを種菌をもとにヨーグルトを手作りしていたという。

しかし、一般的なヨーグルトに含まれるブルガリクス菌やサーモフィラス菌の発酵温度は40℃。

温度調整に手間がかかる上、電力も必要だった。

そこで同社は、常温で発酵可能のカスピ海ヨーグルトの種菌を寄贈。

カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌は、発酵温度が20℃〜30℃と低い。

そのため、南極地域観測隊の基地内でも特別な保温器を使用することなく、ヨーグルトを手作りできる。

できたヨーグルトを種としても使えるので、常にできたてのヨーグルトを食べることができるという。

南極地域観測隊は、同社が寄贈したカスピ海ヨーグルトの種菌と、常温保存が可能なロングライフ牛乳、冷凍保管した牛乳を用いて、ヨーグルトを作る予定とのこと。