健康的な女性は「長谷川理恵」 - 健康と運動に関する意識調査

写真拡大

ソニー生命は11月6日・7日の2日間、全国の20歳〜69歳の女性を対象に「健康と運動に関する意識調査」を実施した。

回答人数は300人。

最初に、「これからの人生を楽しむために、最も重要だと考えるものは?」と尋ねたところ、1位の回答は「健康(74.7%)」。

その次に「経済力(19.0%)」、「人脈(3.0%)」と続いた。

人生を楽しむためには、多くの人が「健康」が重要だと考えているようだ。

次に、「健康を維持するために、有効だと思うこと」について質問すると、「食生活に気をつける(84.3%)」が1位。

「規則正しい生活をする(70.7%)」、「定期的に運動をする(68.3%)」と回答する割合も高かった。

健康を維持のためにしていることは、「食生活に気をつける(67.0%)」、「規則正しい生活をする(44.7%)」、「定期的に運動をする(34.7%)」が上位。

しかし、有効だと思うことに比べて実際に行っていることは、いずれも割合が下がっている。

健康維持のために有効だと理解しながらも、実際にはなかなかできていないことがうかがえる。

次に、定期的な運動をしていると回答した人に、「具体的にどんな運動をしていますか?」と尋ねたところ、1位は、「ウオーキング(57.7%)」だった。

2位は「ヨガ(28.8%)」で女性ならではの結果といえる。

「スポーツをすることで得られると思うメリット」について聞くと、91.7%が「健康の維持促進」と回答。

「達成感(45.7%)」、「モチベーションの向上(40.7%)」を挙げる人も多かった。

続いて「健康的だと思う女性の有名人は誰ですか?」と質問したところ、長谷川理恵さん、吉永小百合さん、綾瀬はるかさん、藤原紀香さんなどが挙げられた。